アーユルヴェーダ的クッキング。

sponsored links

ガンガー(ガンジス河)の流れるヨガの聖地リシケーシュにて。まったり。

女神ドゥルガー様の横でせっせと秘蔵のヒマラヤン水晶クラスター(原石)を浄化しました。
バラナシよりきれい、と言うけれど、ここも最近ゴミが増えてきたような… 泣。
さて、今回の目的はアーユルヴェーダ&ヨーガ施設PDIの訪問。
リシケーシュの街中から30分ほど離れたRAIWALAという場所にある学校です。
その施設では現在、インド人の旦那様がいらっしゃるムクタさんという日本人女性が、アーユルヴェーダのトリートメント"パンチャカルマ"やヨーガ、アーユルヴェーダ、カタック・ダンスの指導をされております。
詳細はこちら。
http://somaditya.jugem.jp/?cid=11
私は今回トリートメントや勉強目的ではなく、単に遊びにいっただけなのですが。
せっかくなのでアーユルヴェーダの体質診断&体質にあった料理を教えていただきましたー!!

インド人の女性ドクター、ラティカ先生直伝のキチュリ(インド風おかゆ)。
米は身体を冷やすので良くないと聞き、米の代わりに麦でつくりました。麦はダリア(DALIA)という名前でインドでは売っています。
米を食べるときにも、クミン(Jeera)などのスパイスやギー(インドのバターオイル)など身体を温める食材を加えて炊くのがよいのだとか。
私はインド在住なのでインド食を教えてもらいましたが、日本人の方にはムクタさんが日本で手に入る食材での作りかたをアドバイスしてくれるそうです。
また、ヨーロッパやアメリカからのお客さん向けにも、欧米で手に入るハーブを使った料理を教えているとのこと。
体質診断も、問診と脈診だけで私の性格や習慣まで当てられたのでびっくり。
ちょうどパンチャカルマ(トリートメント)を受けに来ていた日本人女性も同じく、体質診断だけで性格上の問題点を言い当てられたそう。
知人でもここでパンチャカルマ・トリートメントを2週間受けた方が何人かいるのですが、みんな絶賛してるんです。
肌が内側から輝き身体の底から10歳は若返ったかのようになるらしいんです!!!
あと頭にオイルを垂らし続けるシロダーラ。3回くらい受けた事があるのだけれど、いまいち何がよいのかわからず….
ところがここの施設のシロダーラはかなり上手との事で超絶リラックスできるのだとか…. 
それもリベンジしたいところ。
あぁ….. 私も身体の底から浄化したいっ。いつかやるぞ。パンチャカルマ。
   
 
 

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links