インド式の護摩焚きに参加しました。

ハワン インド
sponsored links

8月10日はRaksha Bandan(ラクシャ・バンダン)というお祭りだったので、オーロビンド・アシュラムでハワンと呼ばれる炎を使った儀式に参加してきました。
IMG_1576_Fotor.jpg

ここに出入りしているアーユルヴェーダのドクターが、なんとうちから徒歩1分のところでクリニックを運営しておりまして。

「日曜日ハワンやるから来い!!!!」と誘われ。

ハワン….なに…….? って疑問に思いながらも、例のごとく早朝6時半からマントラを熱唱しつつ続いてハワンの儀式に参加したのです。

ハワン。日本でいう護摩焚きとルーツは同じらしい。

みんなで炎を囲み、マントラを108回唱え、1回ごとに火の中に木屑を落とす。

儀式を執り行うリーダー?(何て称していいか分からん)はギーというミルクから採れるオイルを火の中にたらす。
炎により心身が浄化されるのだとか。
download.jpg

こんなイラスト発見。

最近の私、こんなんばっかで日本帰ったら怪しい人間扱いよねぇぇえええ。

早朝に公園で瞑想してるし。ここがインドで良かった。

アシュラムの敷地内には野生のクジャクがたくさん舞い降りるのです。
IMG_1575_Fotor.jpg
普通に歩いてるもんね。。。

至近距離で激写成功したわぁ★

IMG_1573_Fotor.jpg
この敷地内にいると心が安らぐんですよ。ほんとに。

きちんと手入れされた緑豊かな庭!!!!そして祈りの場でもあるからきちんと浄化されてる感じがするんです。

デリーでささくれた心を癒したい方におすすめのスポットです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定&マクラメ編み天然石アクセサリーの通販CHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links

ハワン インド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA