TIBET フェスティバル @ デリー

sponsored links

     デリーの工芸テーマパーク、Dilli Haatで行われていた「TIBET FESTIVAL」に行ってきました★
_DSC1313_Fotor.jpg
規模はまぁ割と小さい感じでしたが….
私の究極の萌えポイント。チベット僧がたくさん。わーい
_DSC1315_Fotor.jpg
この赤い袈裟からチラ見えする筋肉質な二の腕…..(後ろからだと見えないけど。)     
     6割増しくらいでかっこよく見える。袈裟萌え。
ステージもあり。
_DSC1322_Fotor.jpg
何とも牧歌的な歌とダンスです。
コレが見たかったの。砂曼荼羅の制作風景!
_DSC1319_Fotor.jpg
日程的にデザインもサイズも縮小されてるかな??完成後を見てないから何ともいえませぬが。
色砂を落としながら地道に描かれるマンダラ…. ものすごい精神力が必要ですよね。
_DSC1320_Fotor.jpg
もうこの上でクシャミとかした日には大変だわ。
しかもイベントが終われば崩されてしまう、諸行無常。砂曼荼羅。
最近お気に入りの、メンツィーカン(チベット医学暦学研究所)のお茶、購入。
_DSC1327_Fotor.jpg
一箱100Rs前後で割とチベット系のお店ではどこでも売ってるのだけど、飲むと「あ、身体に良いものが入ってくる〜染み渡ってくる—–じーん….」
って心地がする。ストレス解消、肩こり、消化促進etc… お茶によって効能が異なるのです。
お店のホームページはコチラ>>>
インドにアーユルヴェーダがあるように、チベットにも伝統医学がある。
このお茶を販売しているブランドでは、お灸やマッサージオイルなんかも売ってる。
残念ながらチベット料理のお店は出ていなかったので、フードコートのナガランド州のお店でベジ・モモを食べて帰りました…
Dilli Haatの​ナガランド州のお店、ポークリブ(380Rs)が人気。
_DSC1324_Fotor.jpg
私は食べないけどね…. 何とワイルドな。
北東系の子達はこれを1人1皿食べてたりする。
あ、マジュヌカティラ(デリー北部のチベタンコロニー)行きたくなってきた。うずうずうず。
  

   

 



   CHARKHA STORE



   <" >コチラ     

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA