チベット新年★ロサル タシデレ

sponsored links

     友人がダラムサラに帰るので、バスが出発する北デリーのチベタン・コロニー、マジュヌカティラまで見送りに。
しかし、「何故に日にちが決まっているにもかかわらず事前にバスチケットを購入しないのかっっ?」     
     と聞くと、「チベット人だから」という答え。
相変わらずのマイペースだ。
久々の黄色いカフェ。(名前忘れた)
チベット ロサル
最近は新しいカフェが増えてきたマジュヌカティラでございますが、その中でも老舗がここ。
そうそう。2月19日はチベットの新年ロサルなんです。
チベット ロサル
彼がこの左側のでかい揚げ物セット(正式名称はカプセ)を800Rsで購入。
しばらくお供えした後に食べてよいそう。鏡もちのようなもんか。
インドだからアリが来そうで心配です。
このホコリっぽい場所で数日間放置されたお菓子食べたくないな… ははは
大晦日である18日の夜はGuthuk(グトゥク)といって、テントゥクを食べる日らしい。チベット ロサル
これは年越しそばのようなものなのか…. 
オールドデリーのカレー屋が使ってそうな、どでかいツボ型の鍋でテントゥク作りました。
本当は小麦粉を丸めた中におみくじ?とか入れて今年の運勢を占ったりするみたいです。
LOSAR TASHIDELEK★
  

   

 



   CHARKHA STORE



   <" >コチラ       

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA