フムスを手作りしてみた。

フムス
sponsored links

イスラエルやレバノン、トルコなどで食べられるヒヨコ豆のペースト。フムス。
フムス

デリーでもケバブがメインのトルコ系ファストフード店、Alaturkaとか、ピタパンに野菜や好きな具材、ソースをギッシリ詰めてくれるSUBWAY風ファストフード店、PITA PITでフムスぎっしりロールを食べてたんですけど。

さらにプシュカルとかゴアとかリシケーシュとか、欧米人が集まる観光地でも必ず食べてたんですけど。
フムス食べたい症候群にかかり、ついに自作してみた。

めっっっっっちゃ簡単だった…。
材料:
ヒヨコ豆(インドではチャナといいます)
タヒニ… 白ごまペースト。日本だったら練りゴマで代用可能
レモン…無かったのでお酢で代用
オリーブオイル… ミックスしてもいいし、垂らすだけでもOK

にんにく

作り方:
①ヒヨコ豆を一晩水につけて浸水させた後、圧力鍋でゆでてザルにあける。
②フードプロセッサーでゆでたヒヨコ豆と他の材料全部ミックス。粘度がたりない場合は水で調整。

終了。

しかし、フードプロッセッサーなんてうちにないずら。
ってことで、
ハンドブレンダーとセットになってた、みじん切り用のマシーンで代用。(フードチョッパー?)

タヒニなんてどこにあるのだーーー!!!
って時にはオシャレ食材が豊富に揃っているFab Indiaへ。
フムス
300gで395Rs…. ちょっと高いな。

インドでも白ごまはTilという名前で売られてるし、これを使い切ったら自作しよう。タヒニ。

sponsored links