インドの列車。チケット取れなくても乗ってしまえ。

sponsored links

先週末は3連休!ということで、お友達と一緒にジャイプル旅行♪
_DSC2815_Fotor.jpg
女子旅ならではのカフェ&オシャレスポット三昧の旅でした。詳細はまた次回のお楽しみ。
今回はインド鉄道のチケット予約の話。インド鉄道の旅の達人だったらもう知ってるよ!ってな話かもしれませぬが…
なんだか今回はいろいろと初めての経験があったもので。
旅のチケットをインド鉄道のサイトで3週間前くらいに予約したのですが。
その1週間後くらいに気がついたら行きのチケットが予約出来ていなかったので、「あれ?予約し忘れてたかなぁ?」と思い、もう一度同じチケット購入。
で、出発日2日前にeチケットをインド鉄道のサイトからプリントアウトしようとしたところ。
チケットが無い…….
よく調べたら2回とも予約が「Failed(失敗)」となっていて、自分の口座にお金が戻ってきていた。
ごーーーーーん。何がおきた…. (初めての経験①)
あわてて友人に連絡をし、出発日前日の朝10:00から発売されるTatkalチケットを予約する作戦に出る。
Tatkalチケットとは、通常のチケットが取れなかった人たちが直前に予約して乗車出来るように設けられているチケット枠とでも言おうか。料金は通常チケットより少々高い。
そして出発日前日の朝10時過ぎ、Tatkalチケットの取得を試みるもそれも既に無くなっておりウェイティングの状態に(初めての経験②)。
一応ウェイティングのままでチケットを予約しておく。
インド鉄道は、全ての座席が埋まった後でもウェイティング(W/L)としてチケットを予約しておく事が可能。
これはキャンセルが出たら順番がくりあがって乗れる仕組みで、理由はよく分からないけど直前に大量のキャンセルが出るのが普通なので、1週間前にウェイティングの順番が20番くらいまでだったら乗れる可能性高いです。
ちなみに、ウェイティングのままでチケットが取れなかった場合は、自動的に自分の口座にお金が戻ってきます。
(オンラインでカードで支払いした場合)
インド鉄道
結果。
当日になってもウェイティングのままで結局座席確保できず。
どうするかといいますと、チケット無いまま乗り込み、空いている席に座ります(初めての経験③)。
乗車前に鉄道駅で「チケットがウェイティングの状態で座席確保出来てないんだけど、それでも乗っていいかしら〜?」と問い合わせたところ、「Not possible, Not allowed」とかたくなに拒否される。
しかしインドに不可能の文字はない。
適当に空いている席に座ると車掌さんがチケット確認しにきますので、「チケット取れんかったばい〜」って言うと、普通に「じゃあxxRsね」って2倍+αくらいの料金を請求してきますので、おとなしく払いましょう。手書きの領収書兼チケットがもらえます。
インドの鉄道で「ここ私の席なんだけど他人が座ってる!?」って経験はよくあるかと思いますが、こういう適当な人がいるからだったんですね。
次回はジャイプル女子旅日記お送りします。
  

   

 



   CHARKHA STORE



   <" >コチラ
 

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links