たまには我が人生を振り返るの巻 in バンコク

sponsored links

     絶賛バンコク沈没中です★
バンコク 日記
3度目のタイ。前に来た時も思ったけど、チャオプラヤー川って隅田川みたい。
悠々と流れる川と高層ビル群の景色に郷愁を覚える…。
ついでに言えば、空港ついてセブンイレブンを見たときには郷愁ぶっちぎって感動しまくりで。
前回バンコクに来た時はインドに住み始める前だったからね。今じゃバンコクのありとあらゆるものに日本を感じて郷愁モード全開です。
バンコク 日記
ほらほら SHIBUYA GLOWってビルにも書いてあるし。
SHIBUYA 19っていうファッションビルらしいんだけど、中身はアメ横とか御徒町っぽいクオリティです。     
     
あと記憶が不確かなだけかもしれないけど、街中にスタバとセブンイレブンが急増したような気がする。
3歩歩けばセブンイレブン、10歩歩けばスタバにあたる的な。
      
     東京に似てるけど、なんだかユルいのがバンコク。やっぱり大好き。
バンコク 日記     
     じゃあ何でバンコクに住もうと思わなかったのかといいますと。
「これじゃ東京と変わらないし。やっぱインドがいいわー」って。
ヤンチャだったあの頃のオレは刺激を求めてインドを選んでしまったわけだよ。
そして今回、バンコクに着いて1日目で思った。
「バンコク住みたい…」
正直に言おう。
「バンコク 移住」で検索までした。
だってね。
人がウザくないし圧迫してこないしジロジロと異星人を見るかのごとく至近距離でガン見してこないし適切な距離感保ってくれるし。
車だって無駄にクラクション鳴らさないし、道路渡ろうとしたらちゃんと止まってくれるし(感動!!)。
ゴミはゴミ箱に捨てるし、大通りで立ちションしてる人いないし、ホコリっぽくないし、ちゃんと歩道があるし。
インドは好きだけど、デリーでの生活ってストレスがじわじわくるんだよね…
ちょっとお洋服屋さんとかのお店に入ると、店員が50cmくらいの距離まで近づいてきて何が欲しいんだとかしつこく聞いてくるし、かと思えば笑顔も営業トークも何もなく至近距離でじーっと監視されたりすることもあるし。さらに、どこのディフェンダーだよ、くらいの勢いでぴたーっとついてくるし。     
     
あ、ストレス蓄積されすぎて文句書きすぎた。     
     
でもね。バンコクとか東南アジアってなんだかカラッと明るくて。
インドの都市部のような怪しさとか底なし沼のようなドロドロの奥深さがないから。
文学や芸術が生まれやすいのはやっぱりインド。
風景のどこを切り取っても絵になるのはやっぱりインド。
インドの砂漠の村でパイプをくゆらせるオッサンのかっこよさは半端ない…
爽やかで健康的なスポーツマンだけがモテるわけじゃない。太宰治のような才に溢れてるけどどうしようもない男だってモテる。     
     
民度が高くて住みやすいのは断然バンコク。それでもインドに惹かれてしまうのは人間の性ですね。
とはいえ、デリーの生活にはけっこうストレス貯まってるけど。(話が戻る)
バンコクでのんびりしよう。デリーで着る機会のなかった服を着て、マーケット巡ったり、ネイルしたり、マッサージ行ったり、とことん癒されてやる。日頃のストレス発散してやる。おしゃれを楽しんでやる。メラメラ。
というわけで、「インドのブログ」と銘打ってますがバンコクの日記が続きまーす。
バンコク 日記
  

   

 



   CHARKHA STORE



   <" >コチラ
      

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links