異国ミックス感を楽しむシンガポールごはん。

大根餅 シンガポール
sponsored links

その昔、シンガポール育ちの友達に聞きました。

 

「シンガポール人ってどんな感じ?」

 

彼女は言いました。

 

「厳密に言えばネイティブの”シンガポール人”という存在はいないよ」と。

 

ますます謎深まるばかりだったわけですが、行ってみてわかりました。

 

文化も食べ物も人々も、中華系、マレー系、インド系、その他のミックスの多民族国家であり、東京23区程の面積にはチャイナタウンやリトルインディア、アラブストリートなどがあり、いろんな国の文化をいっぺんに体験できることが魅力なのでしょう。

「シンガポールにしかないもの」を探そうとするとちょっとむずかしいけど、まるでテーマパークのように小さな都市の中に様々な文化や食べ物を楽しめるエリアが詰まっている。

しゃーーーーー シンガポールといえばこれですが。

見たところで特に感動があるわけでもなく…..うん。

 

団地感漂う高層住宅群の中にあるローカルなフードコートで朝ごはん。

ホーカー

朝から賑わってます。

 

これ絶品すぎる。やばい。中華料理の定番、大根餅ですが、卵と一緒になってるこちらのスタイルはシンガポールならではなんだとか。

だいこんもち

 

豆乳屋さんの豆乳と、台湾スウィーツでおなじみ豆花(トウファ)

ホーカー

 

これが豆乳屋さん。

シンガポール

 

続きましてブギス(Bugis)エリアに

シンガポール アラブ・ストリート

(ハジレーン)Haji laneという小道には個性的な小さい雑貨屋さんやお洋服屋さんなどのお店がずらーっと並んでておしゃれな感じ

 

すぐ近くにはサルタンモスク(Sultan mosque)

シンガポール

 

インド最大級のモスク、デリーにあるジャマーマスジド周辺なんてもうカオスすぎてうえぇぇぇって身も心もボロボロになりますが。

 

シンガポールはモスクも周辺も非常にすっきりしててきれい。

 

ここのエリアで有名なムルタバ専門店「シンガポール ザムザム」

シンガポールとは思えないほど安かった。1番小さいサイズでも結構な大きさで1人では食べきれない量なわけですが、これで1皿470円位。

 

中身はチキンとかイワシとかビーフとかそんな感じの種類がありまして。小麦粉の生地にスパイスで味付けした具材を挟んで焼いた感じの料理で。

 

デリーにあるパラタ専門店「Not Just Paranthas」の分厚いパラタみたい。

と思ったら、このムルタバも北インド発祥らしいっす。いろいろつながってるのね。

 

ちなみにシンガポールではインドのパラタ(Paratha)が”ロティ・プラタ”という名前でご当地グルメの一つになってます。

けっきょくそちらは食べなかったので味の違いはわかりませぬが。。。

シンガポールにいるインド人はタミル系(南インド系)の人たちなので、料理も南インド風のメニューが多いです。

 

続いて、これもよくガイドブックに載ってるシンガポール名物。カヤ・トースト。

”カヤ”とはココナッツミルクと卵と砂糖、“パンダンリーフ”というハーブを炊き込んだジャム。

カヤジャムをたっぷり塗ったトーストに「コピ」と呼ばれるコンデンスミルク入のコーヒーや目玉焼きをあわせるのが定番。

 

あとお土産におすすめなのがこれ!!!

アメリカの有名なインスタントラーメン批評ブログ「The Ramen Rater」でよくNo.1に選ばれているPrima tasteのラクサ(Laksa)。

 

日本のカルディでも売ってるらしいんですけどね。。。

 

魚介ベースの太麺ヌードル。ココナッツミルクと魚介風味、辛いものがきらいじゃなければおすすめです!

 

食べ物の話じゃないのですが、カジノも潜入してきました!!!

カジノって、大金が舞う生きるか死ぬかの瀬戸際の場だと思ってたのですが。

(完全にカイジの読みすぎ。)

 

ざわ…………ざわ…….

ほらほら ざわついてる感あるでしょ!

 

と思ったんですけど、実際は地元の暇な老人が短パンにTシャツ姿で通っちゃうような、ゲーセン的な雰囲気でした。

ゲーセンにあるようなスロットとか、10Sドル札(780円くらい)をポーンと入れたら試せちゃいますよ。

わずか100円位しか手元に残らなくてもちゃんと換金してくれたし…。笑

 

ただで飲み物も飲めるし涼しいので休憩しに行ってみてはいかがでしょうか!?

 

ちなみにカジノで負けてそのまま自殺する人もいるらしいので、大金をかけようと思えばいくらでもかけられますけどね…。

 

以上、シンガポール日記でした。

sponsored links

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links