【占い論】星占いなんて当たらないと思っている方にぜひ。月星座占いのすすめ。

月星座占い
sponsored links

もっともメジャーな占いといえばやはり星占い。

占いにまったく興味がない人でも自分がどの星座かは知っていますよね。

星占いのあの星座がどうやって決まっているか、さっくりと説明しますと…

この、真ん中に地球がある「天動説」の天体図を元に星の配置をよみとっていきます。
星うらない
※画像参照:JAXA宇宙情報センター

1番外側の枠に書かれているのは12星座。
この天体図上の太陽の通り道(黄道)をケーキやピザのように12個に均等に分けて、それぞれに星座の名前をあてはめたもの。

そして星占いの星座は、自分が生まれたときにこの天体図上で太陽がどの星座の枠の中にあったかで決められてるわけです。

上の画像を例にすれば、この天体配置のときに生まれた人は、太陽がちょうどいて座のあたりにあるので星占いの星座は「いて座」になります。

星占いが当たらない理由

星占いでは基本的な性格診断ができますよね。

しし座はリーダータイプとか、うお座はロマンティスト、やぎ座は努力家…といったような感じでしょうか。

星占いの星座は太陽の位置で決まると言いました。これを「太陽星座」とよぶこともあります。

太陽星座があらわしているのは、自分の目指すべき場所、目的、他人から見える自分とか、社会の中の自分と言われています。

自分の本質は月の位置でみよう

太陽星座とは反対に、天体図で月がある星座は「月星座」とよばれ、生まれ持った性質や自分の内面、プライベートな自分、自分から見た自分の本質をあらわします。

星占いの性格診断が「なんだかしっくりこない…」と思う方は、月星座を調べてみると「これぞ自分の性格そのもの!」と腑に落ちたりしますよ。

月星座のほうが当たると思いました

実は私が占星術に興味を持ちはじめたきっかけも、月星座の本をたまたま立ち読みしたことでした。

Keiko的Lunalogy 自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

ちなみに、わたしの太陽星座はさそり座です。

さそり座の女 という歌に表れているように、なんだかおどろおどろしくて執念深くて一度狙った獲物は地の果てまで追い詰め、夜中に五寸釘打ったり黒魔術で他人を呪うのが趣味です♡みたいな性格を想像しませんか?

自分がさそり座という事実、これは個人的にあまりしっくりきてなくて。
ドライだね、って人から言われることも多く、執着心なんて他人と比べてみてもけっこう薄い方な気がしていたのです。

そんでKeiko的Lunalogy 自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへでしらべたら、自分の月星座はふたご座だったんです。

月星座ふたご座の人は、とにかく好奇心のおもむくままにフラフラする。飛び回る。落ち着かない。
そんなことが書かれていたんです。

たまに自分でもコントロール出来ないくらいに、とにかく動きたくなるし、環境を変えたくなる。インドにいた頃も何回引っ越したかわからないし…

なんでこう自分は変化を求めてしまうんだろう…。と疑問に思うこともあったのですが、月星座の本にはこう書かれていたんです。

「そういうものなので、あきらめましょう」

表現は違いますが、こんな感じ。

すっきりしました。

他人は他人。一か所でコツコツと続ける生活を自分は自然にできないものなんだと。
変化し続けるのが自分の本質なんだとわかったら楽になりました。

星占いの性格診断にしっくりこない方、自分はなんで他の人と同じような生き方ができないのだ!ともだえている方。
そんな方々はぜひ月星座を一度しらべてみてほしいです。

ちなみに月の位置は1日の内でも時間によって変化しますから、自分の出生時間がわからないと月星座はみられないのでご注意を!

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links