学問のかみさま湯島天満宮。牛とか男女の坂とか。

湯島天満宮
sponsored links

受験シーズン真っ盛りなので湯島天満宮を参拝したお話でも。

神田明神を参拝した記事を以前書きましたが、
年の瀬神社巡り。今も昔も江戸を支える神田明神

神田明神から上野方面に向かって歩いて10分ほどで湯島天満宮につきますよ。

まずは坂をのぼろう

男坂 湯島天満宮

こちらが湯島天満宮の「男坂」。傾斜が急です。

こんなの登りたくないよーって言う人は、

右手側にすすんでいくとあるゆるやかな「女坂」をのぼりましょう。

女坂 湯島天満宮

男と女が別の方向から来て出会う坂。ちなみに「夫婦坂」も湯島天満宮にはありました。

男坂と女坂はここだけでなく、様々な神社にあるみたいですね。

牛をなでる

境内には「なで牛」と呼ばれる牛の像が2体あります。

おそらくこちらが古い方の「なで牛」。
なで牛 湯島天満宮

かわいい…

新しい方のなで牛。
なで牛

かわいい…。

自分の体のわるいところをなでなでするといいらしいですよ。

天神様とよばれる菅原道真公がまつられている神社には神の使いである「座ってる牛」がつきものらしいです。なでなで。

本殿で参拝

湯島天満宮

学問の神様ということで、「なんでもいいけどとりあえず頭がよくなりますように。」という確実に頭がわるそうなお願いをしておきました。

境内はなんかいろいろあります。

小さいながらも、ちょっとした石碑やら庭園があります。
湯島天満宮

なんかホッとする巨木

御朱印もちゃんといただきました
御朱印 湯島天満宮

アクセス

〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1
最寄り駅は湯島駅ですが、上野駅からも十分に徒歩圏内です。

開門時間:午前6時~午後8時
御朱印受付:午前8時30分~午後5時30分

sponsored links