浦和の調神社(つきのみや)で酉の市。十二日まちで熊手とおばけやしきと縁日。

熊手 調神社
sponsored links

新しい年を迎えたのに昨年末の話をします。このまま時がすぎるとさらにタイミングを外していくと思われたので…。汗。

埼玉県さいたま市浦和区の調神社(つきじんじゃ)で行われている、明治時代から続く大歳の市、「十二日まち(じゅうにんちまち)」
つきのみや縁日

毎年12月12日に行われる酉の市です。(酉の日ではないので正確には酉の市ではないですが…)

11時から21時半のあいだに浦和駅西口のコルソ前あたりから調神社までの道路が縁日の屋台でいっぱいになります。

Google map「調神社

十二日まちでみる屋台の進化

チョコバナナ 縁日

縁日の屋台、10年以上まともに行ったことがなかった気がします。

それまでの間に屋台の種類もいろいろ進化を遂げていておどろきました。

中でも驚いたのは、トルコのケバブ屋台が急増してたこと。
わたしの子供の頃はケバブ自体、日本で流通していなかった気がしますが…いつのまにこんなに日本市場にくいこんできていたのだ。

その他にも台湾麺やタイ料理、韓国料理など屋台も国際化の波にのっています。

つき神社の中はこんなかんじ

本殿 調神社
こちらの本殿はぎっしりと参拝客がつめかけていたため、お参りを断念。

代わりに旧本殿でお参りしました。

浦和の調神社は地元民には「調宮(つきのみや)」とよばれています。
社名の「ツキ」による月待信仰が古くからあり、狛犬ではなく狛ウサギがあること、また鳥居がないことで有名な神社です。境内には数々のうさぎ像があります。

うさぎさん。

調神社という名称から「ツキをよぶ」とされ、浦和レッズの選手や監督も参拝に訪れるそうですよ。

境内は熊手の販売で盛り上がっています。
調神社

よーく見ると、招き猫やらおかめやら、いろいろなキャラクターが盛り込まれていておもしろい。
熊手 調神社
もっとじっくり見たかったのですが、人が多すぎてそれどころではありませんでした…涙。

これがもっとも気になった。おばけやしき
おばけやしき 調神社

うん。これはいいのだろうか。
おばけやしき 調神社
凶悪すぎるゲゲゲの◯太郎。

ベテラン感がすごすぎるガラガラ声のおばちゃんがずっとマイクを持って呼び込みナレーションを行ってました。

中から出てきた子どもが号泣してました。笑

私も次回は挑戦してみようと思います。うん。

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links