レッドアベンチュリンの天然石ペンダントつくりました。石の包み方説明あり。【天然石マクラメアクセサリー】

sponsored links

先日頂いたレッドアベンチュリンの天然石。
レッドアベンチュリン 天然石

これをワックスコードで編んでペンダントにしました。
レッドアベンチュリン マクラメ 天然石

羽とウッドビーズ、アフリカ製のガラスビーズもつけて、ちょっと牛とかヤギの角もイメージしたデザイン。けっこうプリミティブな感じに仕上がりました。

春になったらコートも脱ぐし、ペンダントやブレスレットなどのアクセサリーを楽しめる季節になってきますからね。

天然石をワックスコードで包む方法

sponsored links


天然石をワックスコードで包んでペンダントヘッドにする方法。
よく本に載っているやり方を、最初の部分だけ自分でやりやすいようにアレンジしております。

ものすごくザックリしすぎてわかりづらいかもしれませんが、一応作り方を説明します。

まず、ワックスコードは30cmくらいに切ったものを4本用意。

1本を芯にして、残った3本をそれぞれこんな感じでとりつけます。紐の真ん中あたりにつけましょう。
天然石 包み方

芯にした紐の両端をキュッと本結び(いわゆる普通の紐の結び方)。
本結び 石 包み方

で、隣り合わせになった紐同士を合わせてさらに本結びしていきます。
マクラメ 石 包み方
紐の色が全部同じだからわかりづらいですが、同じ紐同士をまた結ぶんじゃなくて、隣の紐と紐を結ぶ。
全部一通り結び終わったら1段完成。

2段めはまた隣り合わせになった紐同士を合わせて本結び。

今回は石が小さめだったのであと1段くらい繰り返してから、真ん中に石を入れて包み込みます。
マクラメ 天然石 包み方

石の大きさによって段数や網目の大きさは変えましょう。

片側2本で残りの中心4本を芯に平結びして、キュッと上をしめます天然石 マクラメ 包み方

ちなみに、平結びはこの下のブレスレットみたいな編み方のことです。
天然石 マクラメ
基礎中の基礎的な編み方なので、マクラメやヘンプ編みの本には必ず載っているテクニック。

カボション(平たい円形の天然石)じゃなくて、小石みたいなナチュラルな形の天然石はこの包み方でアクセサリーを作ってみましょうー

レッドアベンチュリン マクラメ 天然石

sponsored links

sponsored links