【映画レビュー】「SING/シング」動物たちがレディガガ、フランク・シナトラ、テイラー・スウィフトなど歌い上げるミュージカル・アニメ映画

シング 映画 SING
sponsored links

現在公開中の映画、「SING/シング」観に行ってきました。

glee/グリーみたいなドラマが好きな人にはおすすめです。

フランク・シナトラ、テイラー・スウィフト、レディガガ、ビヨンセ、ケイティー・ペリー、などなど。
新旧ヒット曲を動物たちが歌い上げます。

ストーリー自体は、結末が予測できる感じのハッピーエンドで終わります。劇場でみんなが最後に歌を披露するクライマックスシーンまではちょっとモタついてる感もありますが…。

SING/シングのあらすじ

sponsored links

主人公はつぶれかけの劇場のオーナー、コアラのバスター・ムーン。
SING バスタームーン イラスト

劇場を立て直すために劇場で一大オーディションを開催することに。

出演者の公募チラシに優勝賞金$1,000と載せたつもりが、秘書の手違いで$100,000となってしまい。

破格の優勝賞金にものすごい数の応募者が殺到。テレビ局まで来る始末。

そこに集まってきた応募者もそれぞれ自分の日常生活に埋もれつつも歌が好きすぎて、大きな舞台に立ち一花咲かせたいたいと思ってるメンバーばかり。

Rosita sing ロジータ シング
主婦のロジータ。声は女優のリース・ウィザースプーン。忙しい会社員のダンナとたくさんの子供達の世話で「自分」というものが埋もれていきそうな日々。歌が好きなロジータは家族に内緒でオーディションを受けることに。

アッシュ ASH SING
ロックなハリネズミの少女、アッシュ。彼氏といっしょにデビューを夢見てオーディションに参加するも、最終オーディションには彼女だけが残ってしまう。

声はスカーレット・ヨハンソン。日本語吹き替え版は長澤まさみさんらしいです。

あと、シャイで引っ込み思案なゾウのミーナ役に、Tori Kelly(トリ・ケリー)。彼女は実際に有名なオーディション番組「アメリカン・アイドル」出身の歌手らしいです。歌い上げる極上の歌唱力が売りのミーナ役、日本語吹き替え版はMISIAさんがやっているらしい。

SING/シングのここがおすすめ

とにかく歌。歌のシーンが楽しいです。

白ネズミのマイクが最後にフランク・シナトラのマイウェイ(MY WAY)を歌い上げるんですけど、マイウェイって改めて聞くとほんと良い曲だわー…と思ってしまう。

オーディションには落ちてしまうものの、5匹のレッサーパンダによるユニット“キューティーズ”がきゃりーぱみゅぱみゅの曲を歌ったりします。

劇中で歌われる曲「にんじゃりばんばん

違和感アリアリの日本語を話すシーンもあり、英語が通じないシーンもあるので、一応日本のアイドルユニット的な設定なのでしょう…。

難しいことは考えずに、歌と映像を楽しみたい方にはおすすめです。

sponsored links

シング 映画 SING

sponsored links




より望ましい人生を切り開く
CHARKHA NOTEの占星術鑑定

占星術で扱う星の地図=ホロスコープチャートは、あなた自身の説明書です。あなたの持って生まれた資質、性質を読み解き、あなたが望ましい未来を切り開き、より自分らしく生きるためのアドバイスをしていきます。

あなた自身の基本的な設計図である星の配置(ホロスコープ・チャート)に、良い悪いはありません。ご自身の望んだとおりに物事がうまくいくかどうかは、星のエネルギーを自分らしく活かせるかどうかが鍵となります!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA