憎めないキャラNO1のマラドーナさん、オバちゃん度MAXです。【占星術】【有名人鑑定】

マラドーナ 有名人 鑑定
sponsored links

サッカー界のいろんな意味で生きる伝説、ディエゴ・マラドーナさんが日本のゲームメーカー大手コナミを訴えたらしいですね。コナミのサッカーゲーム、ウィニングイレブンに勝手に自分の画像を使われたと言い出しているそうです。
参照:「マラドーナ氏、コナミ提訴へ 伝説的な名選手が“無許可”でゲームに登場

「神の子」と呼ばれた現役時代の活躍と栄光、そして現役時代だけでなく引退後から現在に至るまでもある意味で数々の伝説を残しております…。
マラドーナ 占星術 鑑定 イラスト

今回はそんなディエゴ・マラドーナさんのチャートを占星術でさっくりみていきたいと思います。

ディエゴ・マラドーナさんのホロスコープはこちら

マラドーナ ホロスコープ

画像参照:astro.com
1960年10月30日生まれのさそり座男子です。

ディエゴ・マラドーナさんの性格はこんな感じ

sponsored links

2010年FIFAワールドカップの時のマラドーナさんのイラストを描いてて気がついたんですけど、腕時計2つしてるんですね。
マラドーナ 有名人 鑑定

ちなみに本田圭佑選手も腕時計は両手につける派らしいです。

ディエゴ・マラドーナ選手、10天体中の5天体が水の星座にあり。(うお座、さそり座、かに座)
しかも本人の生まれつきの本質を表す月が魚座、社会の中で実現していく自己を表す太陽はさそり座。

水の星座は感情的や受容性、対称に溶け込む、などの言葉で定義できます。

世間一般で語られるようなステレオタイプな「女っぽさ」がマラドーナさんの本質なんじゃないかと思います。

さらに、さそり座の太陽、うお座の月、かに座の火星が120度同士で関わり合いグランドトラインという三角形を形成しております。より「水」と「女」の要素が強調されているわけです

女々しかったり、嫉妬深かったり、感情的だったり、ヒステリックだったり。

と、ここまで言うと、テレビで見る彼のイメージに囚われ過ぎかもしれませんが。

ステレオタイプな女っぽさは、裏を返せば心優しく思いやりが深く懐も情緒も深いタイプだといえますからね。

いずれにせよ、超「水」要素が強い方であることは間違いありません。

しかし、最近は美容整形をして謎のオバサンちっくな見た目になってるし、やっぱりちょっとお姉的要素はあるのかもな…。

そんな人がどうして、いくつもの伝説的ゴールを決めたストライカーとして活躍できたのか!?

1つは、社会の中での自己や天職をを示すMC(ホロスコープの天頂位置)が王様の星座である獅子座にあるからかな。

本質は湿っぽくて女っぽいマラドーナさんも、フィールドという職場ではメラメラ燃え上がり、押しと自己主張が強い獅子座要素がかなり発揮されていたのではないでしょうか?

あとは美や楽しいこと、ワクワクする気もちを司る金星が、本人のアイデンティティや衝動、性格を司っている第1ハウスにあり、火の星座である射手座が重なっていますから、基本的に冒険大好き、楽しいこと大好き、お祭り大好きなタイプだと思います。

ワールドカップというでっかいお祭の場では、さらに燃え上がって楽しくなってたに違いありません。

拡大と発展の星、木星と、修行の星、土星はともに「才能」「所有」を象徴する第2ハウスにあり、さらにコツコツ地道に野心をもって物事に取り組めるやぎ座の位置にあります。

努力できる人が天才だ。なんて言ったりもしますが、マラドーナさんは意識して無くても当たり前に努力できてたタイプかも。

そして、マラドーナさんといえば過去に薬物使用疑惑がありましたね。

本人を表す太陽に、際限のない夢とロマンと酩酊(めいてい)の星である海王星がくっついているので、自我を失って酔っぱらえるものに依存しがちかも。発言がどこか自分に酔ってる感じもありますしね。

まとめ

何かと騒動を起こしがちなディエゴ・マラドーナさんですが、本質が騒がしくてキャラが濃すぎておしゃべりなオバちゃんだからこそ、憎めない愛されキャラに落ち着いているのかもしれませんね。

sponsored links