【世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦】板橋区立美術館で観てきました。チェンナイの手作り絵本の出版社です。

世界を変える美しい本
sponsored links

2017年11月25日(土)〜2018年1月8日まで板橋区立美術館でおこなわれている展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」観てきました!

インド タラブックス

インド、チェンナイにあるタラブックスとは?

シルクスクリーン印刷で作られたハンドメイド絵本でおなじみのインド、チェンナイの出版社タラ・ブックス(TARA BOOKS)

インドのニューデリーでは、おしゃれカフェCafe Turtle併設の本屋さんに並んでいるのをよく見かけます。

タラ・ブックス(TARA BOOKS)では、マディヤ・プラデシュ州のゴンド画やマハラシュトラ州のワルリー画など、インド各地の伝統の民族画家に挿絵を描いてもらい、その絵を元に版を起こし、各地の民話などをもとにしたストーリーを組み立て、シルクスクリーン印刷のハンドメイド絵本をつくって販売しているのです。
タラブックス インド

インド、チェンナイにあるタラ・ブックス(TARA BOOKS)のオフィスはショップも併設しているらしく、観光で訪れることもできるらしいですよ。

タラブックスは、1994年、南インドのチェンナイで設立、代表のギータ・ウォルフ氏とV・ギータ氏を中心に、出版や教育などにかかわる活動を行う。2008年、ハンドメイド本『夜の木』が、ボローニャ・ラガッツィ賞を受賞して、以後、国際的に注目を集めることとなった。日本国内においても、日本語版や関連書籍が出版されるなど、ファンを広げている。また、タラブックスの社会的な視点は、出版物のみならず会社運営全体にも反映されており、そうした企業としてのありかたにも注目が集まっている。
引用:板橋区立美術館HP

世界を変える美しい本ーインド・タラブックスの挑戦ーの概要

sponsored links

展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」では、タラブックスで販売されている本や、挿絵となったインド各地の伝統画家の原画の展示がメインです。

タラブックスの代表作、夜の木の原画。
世界を変える美しい本 インド

実際に出版された本と、その原画の併設展示。
世界を変える美しい本 インド

こちらは水の生きものの原画。
世界を変える美しい本 インド

なんと、タラブックスではシルクスクリーン印刷だけでなく、ブロックプリント布を構成した本も販売しているのです。
ブロックプリント タラブックス

こちらが木版。
タラブックス 木版

クラフト天国、オディシャ州のパッタチトラなどの工芸品。ゆ。。。ゆるい。
インド タラブックス

会場の様子。
タラブックス 展示会

また、展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」会期中は、さまざまな講演会やワークショップなども企画されています。

タラブックスを取材してまとめられた本「タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる」を手がけた松岡宏大さん、野瀬奈津子さんのおふたりの講演会を聴講しました。

タラブックス

おふたりの本、「タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる」。

タラブックスを設立したギータ・ウォルフさん、V・ギータさんもいらっしゃってました。

世界を変える美しい本ーインド・タラブックスの挑戦ーの感想

sponsored links

展覧会「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」は、現代における「本(書籍)」の在り方や必要性、可能性についてあらためて考えるきっかけになりました。

本を買っても読み終わったら売ったり捨てたりしちゃうことも多いし、最近はKindle本をダウンロードして読むことが個人的に多くなってました。

Kindleアンリミテッドに入会してれば、適当に興味のある本をタブレットにダウンロードしてザッと読んで、つまらなかったらすぐ削除もできるし。

まさに「読み捨てる」という言葉がしっくりくる読書…。

出版業界が不況だ何だと言われ、雑誌はおまけを付けなきゃ売れなくなり、わざわざ本を買わなくてもそれなりに読める文章やコラムはネットにタダで溢れてる。

今の世の中、なんでも早くて安くて便利が1番。いかに早くて安くて便利になるかだけを追い求めた結果、読み捨てるための本や雑誌が増えた。

そんな本や雑誌は、ミニマリストと断捨離ブームの波により単なる資源の無駄扱い。

じゃあ今の時代に手にとって買いたくなる、持っていたくなる本ってなんなの?

っていう問いの答えが、タラブックスの本に表れていると思う。
クリエイション タラブックス インド

展覧会は非常に多くのお客さんでにぎわってました!
インド タラブックス

私もずっと欲しかった夜の木(THE NIGHT LIFE OF TREES)の邦訳絵本をゲット!

はやく行かないと、展覧会場でも絵本は手に入れるの難しそうです。

タムラ堂さんという出版社が販売しているのですが、すぐに在庫切れになってしまうのです。涙。

展覧会・世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦のアクセスと詳細

世界を変える美しい本

世界を変える美しい本
インド・タラブックスの挑戦

会 期:2017年11月25日(土)〜2018年1月8日(月・祝)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休 館 日:月曜日(1月8日は祝日のため開館)、12月29日〜1月3日
観 覧 料:一般650円、高校・大学生450円、小・中学生200円
*土曜日は小中高校生は無料で観覧できます
*20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)

アクセス:
都営三田線「西高島平駅」下車 徒歩13分
東武東上線「下赤塚駅」、東京メトロ「地下鉄赤塚駅」下車徒歩25分
Google MAP

個人的なボパールの思い出

タラブックスの本で扱われているインド、マディヤ・プラデシュ州のゴンド画。

そのミュージアムがマディヤ・プラデシュ州の州都であるボパール(Bhopal)という町にあります。

約7年ほど前にボパールに行ったときの思い出がよみがえってきたので、ちょっとご紹介。
地味な町なんですけど。ゴンド画を観たい方はぜひ!

こちらがミュージアムから見える湖。
ミュージアム

こちらがボパール。
ボパール

車で1時間ほどのところにはインド最古級の遺産であり、世界遺産のビムベトカの壁画。
ビムベトカ インド

ビムベトカ インド

ラスコー・アルタミラと同じくらい古い壁画なのに、なぜか影がうすいこの場所。

マディヤ・プラデシュ州、知られざる穴場だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定&マクラメ編み天然石アクセサリーの通販CHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links