占星術的新年、3月21日の春分の日に最高のスタートを切るために。

春分の日 占星術
sponsored links

3月21日は春分の日。

この日は太陽が1年間の旅を終えて、再び12星座の始まりの星座、牡羊座に戻ってくる日でもあります。

というわけで、春分の日は「占星術的新年」でもあるんですね。(スピリチュアル界隈では「宇宙元旦」とか言ったりしますが。)

自分を取り巻く環境がいろいろと切り替わっていく節目の日です。自分自身でもこの節目を意識して行動し、いろんな面で新しいスタートを切っていった方がいいですね。ちょっと妖しい言い方をするならば、「宇宙エネルギーに乗っかっていく」ためにも。

占星術的新年、春分の日をどう活かす?

sponsored links

春分の日までにやっておくべきこと

占星術的な新年である春分の日に最高のスタートを切っていくためにはどうしたらよいのか!?

まずは3月21日の春分の日までに、「徹底的な断捨離」を行うこと!

新しいシーズンを迎えるにあたって、住んでいる家や心身に積もった不要な“気”はさっぱり洗い流し浄化していくことが大事。

家の中の片づけ。掃除。不要なものを処分する。

それだけでなく、自分自身の抱えている感情や人間関係も断捨離しときましょう。

「月」をテーマにしたブログ、「Life with the moon」にちょうど「憎しみや嫌悪感を開放し好ましくない人間関係を断ち切る方法」についてのメソッド記事がありますので、人間関係や負の感情の断捨離に活用してみてください。

あとは「お坊さんが教えるこころが整う掃除の本」や「気持ちの片づけ術」なんて本もおすすめです。

自分の部屋は自分の内面を映し出す鏡ですから。部屋を片づけることで自分の感情も上手に整理できるようになってきますよ。

何を始めるか。どうスタートを切るか。

sponsored links


新しいことを始めると言っても、いったい何をどう始めたらいいのかわからない…

なんて人も中にはいるかもしれない。

そんな時は、パソコンの中、携帯の中、手帳の中、頭の中を一回掘り起こしてみましょう。

前々から始めようと思っていたこととかアイディアとかメモに書かれてたりブックマークに保存してたりしませんか?(そういうのがまったくない人もいるかもしれませんが…)

あとは、完全に未体験のことを始めようと思わなくていいです。再スタートでもいいのです。

途中まで進めていたテキスト、三日坊主で終わらせてしまっていた趣味の手芸。

それらを春分の日までにかき集めて、もう一度再スタートを切る。とかね。

春分の日のスタートのポイントは、「とりあえず手をつけるだけでもOK」という点。

たとえばブログを新しくはじめようとします。

実際にブログを開設して記事を投稿するまでできれば1番いいですけど、時間がなくて間に合わないなんてこともありますよね。

そんな時は、春分の日にブログのURLだけでも取得(ブログサービスに登録)するとか。ツイッターなどのSNSで「今度ブログはじめます!」って宣言するだけでもいい。

大切なのは「何かしら外に向かってアクションを起こす」こと。

この「外に向かって」というのがポイントですからね。

自分だけが読む日記帳に「ブログ始めようと思ってます」って書くみたいな自己完結型じゃなくて、ちゃんと外の世界とつながっている何かしらのスタートの形が重要。

これについての理由は次回詳しくご説明します。

水星逆行前のスタートダッシュの日。遅れるのはNGです

春分の日をちょっと過ぎてしまったけど、前からやろうと思ってたことをこの機会にスタートしておこう。

と、数日遅れでスタートを切ろうとする人もいるかもしれませんが、これは今年はNGです。

なぜなら、春分の日から2日後の3月23日には恐怖の水星逆行がスタートしてしまいますから...。

本日から水星逆行。コミュニケーションがうまくいかなくなる時期、どう過ごす?【占星術】

2017.04.10

なかなか物事が前に進んで行かない、行こうと思っていた方向に障害が起きる。

それが水星逆行の恐怖。

春分の日にスタートを切れなかった人は、4月16日の牡羊座の新月まで待ちましょう。

その前日の4月15日には水星逆行が終了しますからね。

万全の準備を整えて、最高の新しいシーズンを迎える準備をしていきましょう。

次回はもうひとつの新年、牡羊座新月と春分の日の違いについて書きたいと思います!

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links