2018年4月の星もよう。通常では考えられないことが外にも内にも起きてきそう。【牡羊座の新月と蠍座の満月。土星と冥王星の逆行。】

占星術 4月 運勢
sponsored links

皆様こんにちは。AYAKOです。

じっくりじわじわと、割と熟成モードだった3月とは打って変わり、今月は4月16日の牡牛座新月を皮切りになかなか大きな動きが起きてきそうです

前回、3月の星もようの記事で「3月の熟成期間に温めてきたものが、4月、5月あたりで一気に噴出する気配。」と書きました。

2018年3月の星もよう。物事の進行はじっくりモードに切り替わり、リーダーは素質を問われる時期か。【木星と水星は逆行。火星の山羊座入り】

2018.02.20

5月には7年ぶりの天王星の星座移動、「天王星の牡牛座入り」が近づいてますので、そろそろ本格的に地球全体が劇的変革を迎えるモードに突入してきそうです。

5月16日の天王星牡牛座入り、恐るべき事態が起きてしまうのか...!?(信じる信じないはあなた次第)

2018.02.27

そうそう、3月の星もようの記事で、「3月末あたりは特に、あらゆる国、あらゆる組織のリーダー達の素質が問われると思います。」 とも書いたんですけど。

実際に今、森友学園問題などでグラグラ立ち場を揺り動かされておりますね。日本のリーダー。

【星よみ】安倍晋三首相のキャラクターは演歌的【占星術】

2017.01.20

あ、ちょっとこれは星通りの展開。と思ってしまいました。

sponsored links

土星と冥王星の逆行によりもたらされる影響は?

3月23日から始まった水星逆行、4月の15日の終わりを迎えます。

その次の日が「スタートダッシュ」の牡羊座新月なので、ここは逆行の影響を受けずにスムーズなスタートが切れそうな予感。

占星術的な節目、春分の日と牡羊座新月は一体何が違うの?それぞれの日をどう過ごす?

2018.03.17

牡羊座新月を境にあらゆる物事はいったんリセットされます。

まさに心機一転。

過去から引きずって来たものを思い切って手放して、新しい1年に向けて軽やかなスタートを切っていきまっしょう!!

…と、言いたいところなのですが。

何ともうっとおしい事に、頑固おやじ土星が4/18から逆行開始。

そして破壊と再生の帝王、冥王星が4/23から逆行開始。

これはけっこうしんどくなってきますよ~。

逆行は外に向けられていた星のエネルギーが、過去や内側へ向かう流れに切り替わる時。

例えば土星は、私たちの成長のために乗り越えるべき課題を与えてくれる「義務」と「責任」の星なのですが。(まさに昭和の頑固おやじ!星一徹!)

この土星が逆行する事によって、自分の社会の中での立ち位置を固めるために心理的なプレッシャーがかかってくる可能性も。

例えば、仕事の面で今まで請け負った事もないような重要なタスクを与えられたりとか。

あるいは前に進むために過去の行いをもう一度洗いだして見直していかなければならなくなったりだとか。

自分が社会のなかでの確固たるポジションを築くために、内面に何らかの負荷がかかるような課題が与えられる。

それが土星逆行がもたらす影響だと思って下さい。

土星は9月6日まで逆行します。

そして冥王星。

土星は個人レベルでの影響の話でしたが、冥王星の影響というのはもっと大きな枠組みでの影響。

現世における個人という枠組みを超えて、魂に刻まれた何世代も昔の過去からの影響(カルマとも言う。)がドカンとやってくるとか。

世界的には、過去から今まで積み重ねて観て見ぬふりをしてた負の遺産をここで一気に解消しなければいけなくなる、とかね。

恐ろしいけど、そういった不安定さやカオス的な状況が一度引き起こされないと新しいものは生まれないのかもしれません。

天体逆行は先に進むために一度あらゆるものを清算するという必要なプロセスなんですよね。

冥王星は10月1日まで逆行します。

sponsored links

2018年、一際スペシャルな新月と満月とは?

ちょっと恐ろしいことばかり書いてしまいましたが、4月はそれだけではありません。

通常よりも一際特別な新月と満月が待っています!

いつもは新月や満月などの「月ネタ」は、もうひとつのブログ「Life with the moon」の方に詳しく書いているのですが…

今回の新月と満月は極めて重要!なので、ここでも書いておきますね。

まず4月16日の牡羊座の新月。

12星座の始まりの星座、牡羊座で迎える新月は、まさに宇宙レベルでの1年のサイクルの切り替えの日と言えます。

特に、今回の牡羊座新月は革命の星「天王星」も重なって来ますので。(コンジャンクション)

通常よりもさらに自分の身の回りに劇的な変革をもたらすことができる新月となります。

スタートダッシュの勢いも更に増しますから、今まで温めてきたアイディアやずっとやりたいと思ってたことはここで一気に始めてみましょう。

そして4/30には蠍座の位置で満月を迎えます。

新月が物事の始まり、いわゆる「種まき」の日ならば、満月は物事がいったんピークを迎える「開花」の日。

新たなサイクルに向けて続々と実りがもたらされ、そこからまた新たな種が生まれるのが満月なわけで。

牡羊座で始めたことをここで一気に拡大させるチャンスとも言えます。

そして何より、蠍座で迎える満月ですからね。

現在蠍座に滞在中の拡大と発展の吉星、木星の相乗効果もあり、通常以上に「満願成就」のパワーを秘めた満月と言えます。

蠍座は棚ボタ的な収入をもたらす金運星座でもあり。

極上の金運シーズン「蠍座木星期」の流れにがっちり乗る方法とは!?

2017.12.30

木星が蠍座に位置する最強の財運イヤー、最大の山場がこの4/30の満月と言えるでしょう。

財布を新調して満月の光に当ててもいいと思います。何せ木星がまた蠍座に来るのは12年後ですから。

この格別な満月は確実に押さえておきたいところ。

成長させたいこと、発展させたいことをこの満月に気合いを入れて見直すのもいいと思いますよ。

満月なので、感謝の気持ちを忘れずに…

sponsored links

4月の星もよう・まとめ

この4月、ここに書いた様にいろいろあるんです。

いい事ばかりじゃなくて気持ち的にはしんどい事もあるんです。

それでも走る。ひたすら見切り発車で走り出す。立ち止まったりスタートを躊躇することだけはいけない。

そんな姿勢が今後の最高の運命をつくります。

イメージでいうなら、太宰治の小説「走れメロス」みたいな感じです。

辛くて苦しくてどうしようもないんだけどとりあえず走るんです。

「間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。人の命も問題でないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。」

くらいの勢いで乗り切りましょう。

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links