2018年7月13日は蟹座新月。日食により魂の使命が表に溢れ出るタイミング。

sponsored links

2018年7月13日、11:48に蟹座の位置で新月を迎えます。

日本では観測できませんが、部分日食が起きる新月です。オーストラリア南部、南極などでは観測できるみたいですね。

観測できないとは言っても、この「食」が伴う特別なインパクトのある新月・満月の影響は地球全体にもたらされます。

さらに蟹座は月にとってのホームタウンですから、月のもたらす影響も他の星座にいる時よりさらに高まるタイミング。

今回の蟹座新月、そして部分日食の影響が私たちにどう表れてくるのか?どんなアクションが有効なのか?といったところをお伝えしていきます!

sponsored links

2018年蟹座新月に効果的な開運アクションとは?

今回は蟹座の位置で起きる新月です。

新月は新しいことを始めたり、新しい流れに切り替えていくタイミング。

蟹座は自身の「家庭」や「心の拠り所」、「基盤」を表す星座。つまり自分自身が帰っていく場所を表すんですね。

人は蟹座で生まれ、そして死ぬ時に再び蟹座に帰っていく、なんてことを言う人もいますが。

そこまで大げさではなくても、自分にとって帰る場所がないと外での活動もままならないでしょう。

この世界で自分らしく積極的にバリバリ活動していくためには、やはりこの蟹座がつかさどる基盤が何よりも大切。

この蟹座新月の機会にもう一度、「自分が心地よくて安心感を得られる居場所づくり」を意識してみましょう。

家の中の掃除やインテリアを整えることはもちろんですが、一緒に暮らす家族との関係性についてどういう形が理想なのか考えてみてもいいかもしれませんね。

一人暮らしの人は、私の人生においてこの人はパートナーや家族として必要だ!!!と思える人との新しい生活に向けて動き出してみるのもいいでしょう。

さらに、今回の蟹座新月は真向かいの山羊座に位置する冥王星から強調のエネルギーを注がれています。

蟹座はプライベートな内側の世界、そして真向かいの山羊座は社会的な外側の世界。蟹座が内側から膨張し、それを山羊座が外側から固めてるようなものです。

蟹座が自分の殻の内側を守る星座だとしたら、その殻そのものは山羊座が定義してると言えます。

そして、今回の蟹座新月において、そんな山羊座にいるのは破壊と再生の帝王、冥王星さんなわけですよ。

自分の殻をぶち破れ!!なんて事を世間では言ったりしますが、今回の蟹座新月ではそこも重要なポイント。

自分の基盤や内面を整えるだけではなく、そんな自分の内面の広がりを定義づけている「殻」の部分も意識し、必要であればぶち壊す意識を持ってみましょう。

sponsored links

日食が起きる蟹座新月がもたらす影響とは!?

今回の蟹座新月は部分日食が起きる、と書きました。

「食」が起きる時に占星術のホロスコープチャート上の星の配置では何が示されているかというと。

月のすぐそばに「ドラゴンヘッド」と呼ばれるポイントが位置しているんですね。

※2018年7月13日の蟹座新月が起きるタイミングのチャート
蟹座新月

ちなみに、ドラゴンヘッドは月と太陽の起動が交わるポイントです。実際に存在する星の名前ではありません。

ただカルマとか前世を重んじるインド占星術においては、他のメジャーな天体と同じ様に扱われます。

ドラゴンヘッドが表すのは「」です。

人が今生で果たすべき使命」を表すと言われています。(※人によってドラゴンヘッドの定義は多少異なります。)

前世からの縁をつかさどるドラゴンヘッドと月が重なる(近づく)タイミングが「食」なわけですから、今回の蟹座新月はあなたの魂が前世から受け継いだ「使命」みたいなものを意識するタイミングになる可能性も。

自分の魂が前世から抱える使命なんて、死ぬ瞬間に初めて実感できるようなもの、なのかもしれませんが。

この蟹座新月には、自分が縁を感じる人々とのつながりや出来事、場所などを強く意識してみると良さそう。

余談ですが、私の場合は確実に、前世はインドと深い関わりがあったんだろうなと感じます。小さいころから西遊記のアニメやドラマを観て「天竺(インド)に行くんじゃ!なんとしてでも行くのだ!」って刷り込まれてましたし。旦那ちゃんともインドで知り合ったしな。

皆さまも、「自分の前世」をこの日食のタイミングで意識してみてくださいね!

関連記事-こちらの記事もおすすめです-

最後までご覧いただきありがとうございます。

以下のサイトも運営してます♡

月の満ち欠けやムーンサイクルに沿ったアクションを日常に取り入れ、自然のリズムによりそう暮らしを提案するブログサイト。

月によりそい、月と暮らす。LIFE WITH THE MOON

占星術メール鑑定のご依頼はこちらCHARKHA STORE(チャルカストア)

sponsored links