2018年7月23日、太陽が獅子座に。積み重ねてきたものが一斉に花開くタイミングです!【占星術】

太陽 獅子座
sponsored links

こんにちは。AYAKOです。

今日も暑いですね。埼玉県の熊谷市では国内最高気温41.1度を観測したとかで。

この逃げ場のないクラクラするような突き刺す暑さ。なんだかインドにいた頃を思い出します…。

天気予報士の方が言ってました。「この暑さと戦おうと思わないでください」と。

ほんと。負けを認めてダラダラしたほうがいいかも。

さて。気温もピークに高まっている本日。星まわり的にもグッと熱くなってきましたよ〜

本日2018年7月23日、太陽がホームタウンの獅子座に入りました!!

獅子座は王様の星。国王の帰還ですね。獅子座生まれさんたちのお誕生日シーズンの到来とも言えます。

太陽が獅子座にあるこの時期は、私たちひとりひとりが積み重ねてきたものが一斉に開花するタイミング

この太陽獅子座シーズンの星の影響と効果的な過ごし方についてお伝えします!

sponsored links

太陽が獅子座に。積極的に自分自身を外に向かって表現していこう。

先日、西洋占星術研究家の鏡リュウジさんと占い師の賢龍雅人さんのコラボ講座を聴講してきました。

鏡リュウジさんによれば、神話の世界では「1年の太陽のサイクルは死と再生の象徴」なのだそう。

伝統的なヨーロッパの祝祭に、ユールというものがあります。

日本では冬至と呼ばれるユールの日は、古い太陽が死を迎え、新たな太陽が誕生するタイミングということで彼らにとっての新年なんですね。

太陽の光がもっとも弱まるユール(冬至)の日が死と新たな誕生のタイミングだとするならば、太陽の光が強まるこの時期は、私たちみんなの生命力がもっとも高まる時期と言えるでしょう。(暦の上で正確に言うなら太陽蟹座入りの夏至がピークかもしれませんが…)

占星術では太陽=自我です。この世界で意識的に創り上げていく自分自身です。

太陽がホームタウンの獅子座にあるこの時期は、まさにあなたが自分自身に成るべきタイミング

この時期は、他人の人生を生きるのはやめましょう。誰かに遠慮するのもやめましょう。

自分自身を積極的に外に向かって表現していく時期です。ちょっと自分勝手かな?ってくらいに、自分のやりたいことを徹底的にやりましょう。

これまであなたがコツコツと積み重ねてきた活動、温めてきた思いはこの時期に一斉に開花していくでしょう。

暑いとついダラダラしがちですが。この時期にダラケて何もしないでいるのはもったいないですよ〜

2018年7月28日には真向かいの水瓶座で皆既月食をともなう満月が起きますし。この満月は獅子座の太陽の光に照らされて起きるのですから。

2018年7月28日は水瓶座の満月。皆既月食が私たちにもたらす影響をじっくり紐解きましょう。

2018.07.20

2018年7月28日は皆既月食をともなう水瓶座満月。月食が私たちにもたらす「学びの領域」とは!?

2018.07.22

今回の水瓶座満月は、「魂の記憶、過去世から受け継いできたものに光が当たり表に出てくる」影響に満ちています。

今生だけでなく、過去世からあなたが抱えてきたものが一気に花開く可能性もありますね。

自分だけが自分自身の人生の主役なのだ、という意識をしっかりと持ち、積極的かつ前向きなアクションを心がけていきましょう!

sponsored links




より望ましい人生を切り開く
CHARKHA NOTEの占星術鑑定

占星術で扱う星の地図=ホロスコープチャートは、あなた自身の説明書です。あなたの持って生まれた資質、性質を読み解き、あなたが望ましい未来を切り開き、より自分らしく生きるためのアドバイスをしていきます。

あなた自身の基本的な設計図である星の配置(ホロスコープ・チャート)に、良い悪いはありません。ご自身の望んだとおりに物事がうまくいくかどうかは、星のエネルギーを自分らしく活かせるかどうかが鍵となります!