2018年8月26日は魚座満月。最高の運を取り込み願いをかなえるための3つのアクションとは?

魚座 満月 2018
sponsored links

2018年8月26日、午後8時56分に魚座の位置で満月を迎えます。

満月はあらゆる物事がピークに達し、積み上げてきたもの、積み重なってきたことが表に表れてくるとき。

そして魚座は12星座の1番最後の星座。成長サイクルの最終段階を表す星座です。

つまり、今回の魚座満月は他の満月よりもさらに「ものごとがピークに達して満ちる」影響が強調されるタイミングとなります。

この魚座満月にしっかりと的確なアクションを起こすことで、次の新たな成長サイクルに最高の運を取り込み新たな願いや目標を叶えていくことができるようになるはず。

今回は魚座満月に起こすべき3つのアクションについてお伝えします。

sponsored links

魚座満月に起こすべき3つの願いをかなえるアクション

1.受け入れて許すこと。宇宙的視点で世界を観察してみよう。

今回満月が起きる魚座は水のエレメントの柔軟宮の星座です。

水の星座は、抱えている感情や言葉で言い表せない気もちをつかさどり、柔軟宮は適応や変化をあらわします。

そのため、魚座は目に見えない世界(=宇宙的、神秘的、霊的な世界観)と自我(エゴ)の融合をテーマにもつ星座なんですね。

イライラしたり、怒ったり、悲観したり、不安になったり。

魚座満月は、そういったネガティブな気もちに自分で気づきやすくなるタイミングになります。

まずは自分が現在抱えている気もちや感情をじっくり観察してみましょう。

そして不安や心配、イライラなどのネガティブな感情を抱えている場合は、それがどういったところから来ているものなのか、原因や動機を探ってみましょう。

ここで行うのは、ただ自分のなかのネガティブな気もちにフォーカスするだけ。無理に解消したり解決したりしようとしなくて大丈夫。

そういったネガティブな気もちを受け入れた後は、ちょっと宇宙のことを考えてみてください。

冗談でなく、ガチで自分が宇宙船にのって地球を俯瞰しているような想像をしてみましょう。

職場の上司がほんと無理。もう仕事やめたい。

とか、

給料安すぎて貯金できないし。結婚もしてない。この先どうなるか不安。

みたいな悩みごと。

もう宇宙から地球を見たら、肉眼では確認できないほどの小さな世界で展開されてる悩みなわけで。

宇宙レベルでみたら割とどうでもいいことだったりします。

たとえば、子どものころに悩んでたことって、今思えば本当に小さな世界で苦しんでたんだなぁって、思ったりしません?

自分の世界や視野が広がったからそう思えるんだけど。

今の自分が抱えているネガティブな感情も、もっともっと視野を広げてみれば、どうでもいいこと。

それに気がつくように意識を宇宙に飛ばす!

これが魚座満月に行いたいアクションの1つ目です。

2.要らないものを手放す。新たな運を取り込むためのスペースづくりを。

魚座満月に行いたいアクション。2つ目は「要らないものを手放す」こと。

これまで溜め込んできた物や関係性を手放すことです。

目に見えない不要な感情は1つ目のアクションで手放すことができているので、今回は実際に目に見える、実感できる要らないものを手放しましょう。

簡単に言うなら「断捨離」ですね。

これから新たな運を取り込むためのスペースづくりです。

特に手放したいのは「思い出の品々」!!

どうしても取っておきたい手紙や写真、絵などはスキャンしたりして画像保存するといいかも。

逆に元彼などからもらったアクセサリー類は思い切って捨ててください。

有名な片づけコンサルタントの近藤麻理恵(こんまり)さんによると、片づけの順番は衣類、本や書類、小物類、最後に手をつけるのが思い出の品となるそうなので。(思い出の品はつい見入ってしまい、片づけがそっちのけになるとのこと)

ベストセラー本の「人生がときめく片づけの魔法」に書かれているようなメソッドに従って、部屋のなかをイチから徹底的に片づけても良いかと思います。

要らないなと感じた思い出の品々を手放すことで、不要になった人間関係を手放すことにもつながります。(捨てることが目的ではないので、無理に大切なものを捨てる必要はないですよ〜)

部屋は自分のこころの有り様そのもの。部屋が片づけば自然と新しいものを取り込むスペースが部屋にもこころにも生まれますからね。

3.現実的な行動をひとつ起こしてみよう。

8月26日の魚座満月が起きるタイミングのホロスコープチャートをみてみると。
カイト 占星術

乙女座太陽、牡牛座天王星、山羊座土星が120度トラインの角度同士で調和の三角形(グランドトライン)を形成し、そして乙女座太陽の真向かいに魚座の月が来ることで、カイトと呼ばれる特別な配置(複合アスペクト)を形成するんですね。

「現実面」をつかさどる地の星座同士が織りなす調和の三角形が、魚座の月に生産性を与えて働きかけることで、目に見える現実に変化を起こしやすくなるのです

祈願やヒーリングなどで開運とか運気をあげるとか、そういったことって、普段はなかなか現実面では実感できないことが多かったりするのですが。

今回の魚座満月にいたっては、実際に現実的なアクションを起こすことで、喜ばしい変化や幸運を実感できる可能性がおおいに期待できるのです。

じゃあ何をしたらいいのか?というと。

魚座はあらゆる物を飲み込む「何でもアリ」な星座ですから、自分が実際に行動を起こすなら何でもいいです。

ただし、あくまで満月なので、新しい物事をスタートさせるというよりは、これまでの経験や感情を振り返り、身の回りや自分自身を整えるアクションを起こしてみてくださいね!

先に挙げたような「徹底的な断捨離」でも。

あるいは満月は「感謝」のタイミングなので、神社などを参拝して日頃の感謝を伝えてもいいし。

また、魚座の支配星、海王星は「オイル」に縁がある星なので、アロマテラピーとかオイルマッサージで心身のデトックスも効果的。

この魚座満月で自分のなかに新たな運を取り込むスペースを確実につくり、心機一転、新たな気もちで願いや目標の実現に近づいていきましょう!

sponsored links