2018年10月17日、山羊座の上弦の月。仕事やビジネスの動きに劇的な弾みをつけるタイミング

占星術 月星座
sponsored links

2018年10月17日、午前3時2分に山羊座の位置で上弦の月を迎えます。

上弦の月は、満月に向かって満ちていく月のサイクルのちょうど真ん中の地点。

満月はあらゆる物事がピークに達するタイミングですが、特に次の満月は10月25日に迎える豊穣の牡牛座満月ですからね!

いつも以上に豊かさに満ちた牡牛座満月を万全の状態で迎えるためにも、この10月17日の上弦の月のタイミングで一気にギアを入れ替え勢いをつけていく必要がありますよー!

2018年10月17日、山羊座の上弦の月の星もよう。

まずは10月17日、山羊座の上弦の月が起きるタイミングのホロスコープチャートをみてみましょう。

山羊座・上弦の月

山羊座に位置する月に、天秤座の太陽が90度の角度から光を当てています。

山羊座に月がある時期ってどうしてもガッチガチの頭でっかちさんになりがちなんですけど、天秤座の太陽が「もっと気楽にいこうぜ!」って具合に発破をかけてる状態ですかね。

もし何か行き詰まってたり、壁を感じてたり、どうにも動かない現状にモヤモヤしていたとしたら。

一度フッと肩の力を抜いて、リラックスしてみましょう。

周りの人々の様子と今の自分の状況を比較してみるといいですよ。

「あぁこんなに肩肘張らなくてもいいんだな」「私、なんでこんなにマジメモードになってたのかな」なんてことに気がつくかも?

山羊座の冥王星が月に寄り添い、そして蠍座の木星が60度セクスタイルの位置から後押ししていますね。

蠍座の支配星は冥王星です。

つまり、冥王星のつかさどる破壊的な変革作用が月にダブルパンチでもたらされてる状況。

冥王星や蠍座を一言で言い表すなら、

徹底的

なんです。

やるかやらないか。白か黒か。ゼロか100か。

それほどに極端な感情や状況の変化が、この山羊座の上弦の月のタイミングで起きてきそう。

上弦の月が起きる山羊座は「社会的な肩書」をあらわす星座ですが、

冥王星や蠍座木星の作用により、

突然転職したくなったり、突然今までのキャリアをすべて投げ捨てて新しいことをやってみたくなったりする衝動に襲われるかも?

この山羊座の上弦の月に、何か自分にとっての新たな展望が見えてくるかもしれませんね。

sponsored links

山羊座の上弦の月に起こしたいアクションはこれ!

10月も半ばに差し掛かりまして。

えっ。もう後2ヶ月半で2018年終わり!?と、焦りも出てくる時期ですね。

2018年元旦に誓った「今年の抱負」、進捗状況はどうですか?

むしろ何を「今年の抱負」として誓ったのかすら忘れてる方も中にはいるかもしれません。

大丈夫です。まだ間に合います。

このガチガチの現実主義の野心メラメラの星座、山羊座の位置で迎える上弦の月に、もう一度気合を入れて自分の設定したゴールに向けて何か具体的なアクションを起こせばいいのです。

3日坊主で終わってしまっている何かがあれば、この山羊座の上弦の月の日をきっかけに再スタートさせてみてもいいでしょう。

10月25日には、「自分の腕でコツコツ稼ぐ金運」をつかさどる牡牛座の満月を迎えます。

牡牛座の満月に極上の金運や収入アップを狙うなら、確実にこの山羊座の上弦の月のタイミングで、ご自身の仕事や社会的な活動に勢いをつけていきましょうね☆

sponsored links