2018年11月15日、水瓶座の上弦の月は現状打破の起爆剤に!上弦の月の効果的な活かし方とは?【占星術】

上弦の月
sponsored links

2018年11月15日は23:54に水瓶座の位置で上弦の月が起きます。

新月や満月に比べて、上弦の月や下弦の月といった半月はいまいち見過ごされがちなのですが...。

新月に生まれて満月に成熟する。

新月に始まり満月に完成する。

新月に願いごとをして満月に成就。

こうやって自然の月のサイクルにきちんと自分自身の生活サイクルや目標達成のサイクルも寄り添わせていくためには、上弦の月、下弦の月といった半月も見逃してはいけない極めて重要な節目なのです!

sponsored links

上弦の月はどんな影響をもたらす?どう過ごす?

まずは上弦の月がわたし達にどんな影響をもたらすのか。どう過ごせばいいのかを端的にお伝えします。

上弦の月は、ギアを入れ替えるタイミング。新月で始めたことや自分が書いた願いごとに関して、具体的なアクションを起こす日です。

上弦の月は新月から満月にかけて、月が満ちていく時期のちょうど中間地点にあたります。

ホロスコープチャート上では太陽が90度スクエアの角度から月にプレッシャーをかけてる状態ですね。

飛び込み台の上でモジモジしているあなたを、後ろから太陽が「はい、どーんと飛んでみよー」って、圧力かけてきてる状態です。

もうこれは太陽の意志に従って勢いよく飛ぶしかないわけです。

いつも新月に願い事やアファメーションをしている人は、自分がそれに対してきちんと具体的なアクションを意識的に起こすことができているか?振り返ってみましょう!

2018年11月15日の水瓶座の上弦の月がわたし達にもたらす影響とは?

願望成就や目標達成に向けて具体的なアクションを起こす日。それが上弦の月。

そしてこの11月の上弦の月は特に重要です。なんたって自由と革命の星、天王星を支配星にもつ水瓶座の位置で起きるわけですから。

モヤモヤした感情。なかなか動かない現状。何か変えたいけどどう変えていいのかわからない。

そんなときこそ確実に活かしたいのがこの水瓶座の上弦の月なわけで。

停滞した物事や状況を一気に揺り動かす爆発力を備えていますからね。

英語で「ブレイクスルー(Breakthrough)」という言葉があります。

突破口や打開といった意味です。

よくスランプに陥ったスポーツ選手が使うことが多いですね。

ずーっとうまくいかなかったのに、ふとしたきっかけでスルリと暗闇を抜け出し一気に躍進する。

まさに、この水瓶座の上弦の月こそがブレイクスルーのタイミングです。

起こしましょう。極めて具体的なアクションを。

どんなに小さな一歩でも大丈夫。

歴史を変えるような偉業だって、すべての成功はどんなことでも小さな一歩から始まっているのですから。

2018年11月15日の水瓶座の上弦の月が起きるタイミングのホロスコープチャート

最後に、2018年11月15日、水瓶座の上弦の月が起きるタイミングのホロスコープチャートから星の影響をみていきましょう。

水瓶座 上弦の月

水瓶座の月に、約6度差で火星がピタリ。

この上弦の月にあなたがなにか具体的なアクションを起こすなら、闘神マルスの星、火星は着火剤のような役目を果たしてくれるはず。あなたの情熱とやる気に爆発的な火が灯ります!

水瓶座の月に90度スクエアの角度からプレッシャーをかけているのは蠍座の太陽。

蠍座はゼロか百かの世界で生きる極めて極端な星座ですから、そんな蠍座太陽から圧をかけられたらもう、やるしかないのです。

今回の水瓶座の上弦の月は6ハウスにあり。

6ハウスは他人から頼まれたことを必死でやり遂げる部屋です。積極的に他者の期待に応えるような態度をもってのぞむといいですね!

能動的なアクションをこの水瓶座の上弦の月に起こし、あなたらしいブレイクスルーの瞬間を迎えていきましょう!

sponsored links