占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

インドビジネスのDNA" jugaad"

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

 本日は日本大使館のホールにて、インド日本商工会が行っている”三木会”に参加してきました。(毎月第三木曜日にやってるので三木会。)     
          大使館や日本人会からの連絡事項や先月の重要なビジネス、政治のニュースの他、離着任、新規企業の挨拶があります。          
          代表は日本人でなくてはいけないので、若輩者のこの私が会社の代表として入会、あいさつしました。入社前は予想していなかった事態。これぞインドマジック。          
          そんな事はさておき、この会では毎月インドビジネスに関係のあるテーマでプレゼン発表があります。          
          今月は”インドビジネスのDNA”について、CMO World wideというコンサルティング会社のインド人スタッフの方のプレゼンでした。          
          その中で言及していた”jugaad”という言葉。とりあえずある物で間に合わせ、何があっても絶対に諦めない、というような意味。          
          そんな国民性から作られた画期的な製品の一例としてTATA社の浄水器が紹介された。                    実は私も右のを愛用中。999Rsという衝撃の安さ!          
          もともと2004年の津波の時に飲料用水を確保するため急遽開発された浄水器をさらに改良した物だとか。水を上から注げば下にフィルターを通った水がたまる仕組み。          
          そんなJugaad精神。何でも持ち前の器用さと明るさで、今ある物で何とか解決していってしまうため、そこが長所である一方、計画の欠如、行き当たりばったり、やっつけ仕事という短所がいまだに直らない、というお話。          
          さらにもう一つの話。                    ヒンドゥー教の三位一体。          ブラフマーが創造、ヴィシュヌが維持と繁栄、シヴァが破壊。          ビジネス上でも壊してはまた新しい物を創造し、その繰り返しでよい物を作る、その考えが活かされているという話だったのだが。          
          インドで水漏れや電気系統の問題が起きると、壁をハンマーで派手にぶち壊し修理する。          そこまでしなくても、もっと穏やかに周囲を汚さず直せない物か、と思っていたのだが、          破壊しないといい物が作れない、って事かも。          
          …..良い方に解釈してみた。          
     

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Comment

  1. REDS より:

    三木会はいりたいな。自分もそこでプレゼンしたい。思いっきりおもしろそうじゃん。

  2. ayako より:

    REDS>なかなかおもしろかったです。大使館はやっぱりキレイだし…

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2011 All Rights Reserved.