占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2018年12月15日魚座の上弦の月。蟹座満月に向けて自分の中のタブーを破り生まれ変わるタイミング。

WRITER
 
魚座 上弦の月
この記事を書いている人 - WRITER -
に魚座の位置で上弦の月を迎えます。

上弦の月は満ちていく月のサイクルのちょうど中間地点。

12月23日の蟹座満月の日を見据え、何か具体的なアクションを起こすべきタイミングです。

満月はあらゆる物事が一定のピークを迎える日。これまで積み重ねてきた思いや活動、経験が何かしらの目に見える結果となって現実に現れてくることが期待できます。

さらに。なんたって今月の満月は蟹座の位置で起きる満月ですから!

通常の満月よりも月からもたらされる影響をビビッドに感じられるはずですよ。何しろ、月にとって蟹座はホームタウンですからね。

23日に迎える蟹座満月、あなたは最高に望ましい変化や成就を迎えられるのかもしれません。

より確実に最高の蟹座満月の影響を受け取るために、まずこの12月15日の魚座の上弦の月に起こすべきアクションについてお伝えします。

sponsored links

魚座の月がもたらす影響

月は約29.5日間かけて、12星座を一周します。1つの星座に滞在する期間はおよそ2日半。

そして月がどの星座に位置しているかによって、私たちの気分がその星座のテーマに合わせて変化していくのです。

月が魚座に位置している時期は、私たちに以下のような影響が現れやすくなりますよ。

・夢と現実の境目がなくなり、妄想しがちになる。
・精神世界やスピリチュアル、ファンタジーに救いを求めたくなる
・特定の人や物にに依存したり、中毒になったり、とことん酔っ払いたくなる

依存傾向が際立ってくるので、自分で具体的なアクションを起こして積極的に動くというよりは、その場にとどまって環境や気もちの変化をただ受け入れたいような気分になりがち。

しかし。

冒頭でお伝えしたように、上弦の月は何か具体的なアクションを起こすべきタイミングですからね。

魚座の月の影響により、どんなにダルくて眠くてやる気なくて動きたくなくても、この後でご紹介する「2018年12月15日魚座の上弦の月に起こすべきアクション3つ」だけは意識して取り組むようにしてみてください。

魚座の上弦の月の星もよう

2018年12月15日、魚座の位置で上弦の月が起きる瞬間のホロスコープチャートをみてみましょう。
魚座上弦の月

魚座23度の位置に月。そこに射手座の太陽が90度スクエアの角度(アスペクト)からプレッシャーをかけてますね。

月の位置する魚座も太陽の位置する射手座も、ともに揺れ動く柔軟宮の星座。

環境や状況がちょっとしたことで変わりやすい時期。意固地にならず、あらゆる変化に対して臨機応変に対応し受け入れていくといいでしょう。

射手座の太陽は自分の理想的な場所やもの、思想を追い求めチャレンジすることをうながします。

一方、あらゆる物を飲み込む性質の魚座に位置する月は、「何でもかんでもやって来たものを受け入れればいいやん。別に無理して遠い場所に行かなくてもいいでしょ。」なんて気になってます。

この魚座の上弦の月の日には、射手座の太陽からのプレッシャーにより何かを追い求めなきゃ。どこかもっと理想的な場所に向かわなきゃという焦りを感じるかも?

射手座の太陽からのプレッシャーに押されて動き出す前に、自分の身の回りをゆっくりじっくり見渡してみましょう。

童話の青い鳥のように、意外と自分が欲しいものは身近な場所や自分の内側にあるかもしれませんよ。

魚座の上弦の月が起きるタイミング、火星、海王星、小惑星カイロンも魚座に。火星、およびカイロンと月は0度コンジャンクションの角度(アスペクト)で重なりますね。

火星はあなたが欲しいものを獲得するための能動的なエネルギーをもたらしてくれます。

また、海王星は魚座の支配星。魚座的な限りない可能性をとことん宇宙の果てまで押し広げてくれるでしょう。

小惑星カイロンは癒やすべき潜在的な傷を表す星。

自分でも意識していなかったような潜在的な心の痛み、もしくはコンプレックスが表面化してくることも考えられます。

特に日照時間が短いこの季節は気分が落ち込みがち。自分なりの気分の切り替え法を用意しておくといいですよ。ズーンと落ち込んでも「これは小惑星カイロンの影響ね!」なんて割り切って受け流していくようにしましょう。

2018年12月15日魚座の上弦の月に起こすべきアクション3つ

それでは、2018年12月15日魚座の上弦の月に起こすべき行動を3つご紹介します。

1.流れてきたものをすべて拾い集める

魚座はあらゆるものを受け入れ、飲み込み、そして浄化していく海のような星座。

海岸に様々なものが流れ着くように、あなたの身の回りにもありとあらゆる変化、予期せぬ出来事がやってきます。

これはいらない、これは無駄。なんて無視する前に。

一度やってきたものを飲み込んでみましょう。

自分のなかでタブーとしていたものも思い切って取り入れてしまうのです。

食べてみたら意外と美味しかった!なんて、新たな発見ができそう。

あなたの身の回りに流れ着いたあらゆるもの、一見ゴミに見えたとしたも、そのなかに自分が追い求めていた理想的な何かがあるかもしれません。

この「流れてきたものをとりあえず受け入れ、拾い集める」姿勢が魚座の上弦の月に意識したいアクションの1つ目です。

2.精神世界に没頭する

魚座は精神世界やスピリチュアルにも縁が深い星座です。

あらゆる境界を溶かしてしまう性質から、夢と現実、日常と非日常の境目もなくしてしまうんですね。

普段あなたがどれほど精神世界に興味があるかわかりませんが、この魚座の上弦の月にはぜひ、精神世界やスピリチュアルな世界に浸ってみてください。

そういう世界は苦手なのよね。

なんて人は、宗教や哲学的な世界でもいいですよ。

太陽が位置している射手座は哲学や宗教もつかさどる星座ですからね。

現実やガチガチの常識とは少し離れた精神世界に没頭することで、蟹座満月にはあなたが探していた答えが見つかることが期待できます。

3.トイレとお風呂を徹底掃除

半分冗談、半分本気でオススメします。魚座上弦の月のトイレとお風呂の徹底掃除!!

魚座はあらゆるものを受け入れ、飲み込み、そして浄化していく星座、と書きました。

水の星座だし、カラダから排出されたあらゆるものを飲み込んできれいにしてくれる場所と縁が深いんですよね。

そう、魚座ってまさにおトイレ(もしくはお風呂)のような星座なんです。

この魚座の上弦の月には、トイレとお風呂を徹底的に掃除しましょう。

あなたが心身ともに浄化されるための場所を大切にしてあげるのです。

また、魚座はリンパをつかさどる星座でもあるので、ムクミに悩んでいるひとはムクミ解消マッサージや水分補給、軽い運動に取り組んでみて!

魚座の上弦の月・まとめ

の魚座の上弦の月、ここでご紹介した3つのアクションを意識しながら過ごしてみてください。

同時に、12月23日の蟹座満月にあなたが迎えたい変化についても考えてみるといいですね!

素敵な半月の日をお過ごしくださいね☆

この記事を書いている人 - WRITER -



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2018 All Rights Reserved.