2020年グレートコンジャンクションまでのカウントダウン。才能と努力の貯金箱をあける時。

グレートコンジャンクション
sponsored links

2020年12月22日、水瓶座0度始まりの位置で木星と土星が重なります。

およそ20年ごとに起きるのがこの木星と土星の会合。占星術の専門用語では「グレート・コンジャンクション」と呼ばれています。

グレートコンジャンクションの影響についてはいろいろなところで様々な解釈がなされていますが。

拡大と成長の星、木星というおおらかで肯定的な存在は、私たちに生まれつき備わっている輝きを示します。

そして義務と責任の星、土星というストイックな存在は、私たちが努力して身につけていく経験や能力を示します。

そんな相反する性質を宿した2つの星が重なるというのは、真っ白いキャンバスに真っ黒な絵の具が垂らされるようなもの。

木星と土星、2つの星のつかさどる世界がそれぞれクッキリとした輪郭をもって浮かび上がる瞬間、それがグレート・コンジャンクションなのだと思います。

自分の努力と才能によって培ったものを再確認する節目のタイミングになるでしょう。

そして社会的には、これまでのツケを清算し、そして心機一転新たな体制でシステムを創り変えていくような劇的な構造改革の瞬間を迎えるのです。

2020年12月なんて、まだまだ先の話と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

個人的にも社会的にも、決定的瞬間に向けた構造改革の準備は着々とはじまっています。

いまから2020年末のグレートコンジャンクションまでに私たちがしておくべきこと、そして私たちにもたらされる星の影響についてご紹介します。

2020年12月のグレートコンジャンクションまでに私たちがしておくべきこと

グレートコンジャンクションとは、中身の見えない貯金箱を開放する瞬間のようなものです。

木星は生まれつきもってる貯金箱、そして土星はコツコツとそのなかに貯めていくコイン。

普段はどれくらいの金額がそこにあるかわかりません。

この20年間、自分はどれだけの努力と経験を積み重ね、どれほどのものを手に入れてきたのか?

20年に1度、パカっと貯金箱の中身を開けて確認する記念日、それがグレートコンジャンクションなのです。

特に2020年のグレートコンジャンクションは、“改革のはじまり”を示唆する水瓶座0度の位置で起きますからね。

グレートコンジャンクション

私たちが20年をかけて溜め込んできたもの、獲得してきたものを元に、軽やかに現実を塗り替え革命を引き起こす!

より今の自分にふさわしいステージへとシフトしていく瞬間を迎えるのです。

そんな決定的な革命の瞬間、グレートコンジャンクションまでに、私たちがしておくべきことは何でしょう?

そう、それは「積み重ねること」です。

自分がやっていることに何の意味があるのかわからない。

自分の取り組んでいることがすべて不毛な努力に思える。

今はそう感じていても、努力と経験の貯金箱を開ける瞬間は2020年末にやってきます。

今年2019年は特に、拡大と発展の射手座木星期なわけですから、あなたの可能性の種を通常よりもはるかに速い速度で成長させていくことができる年。一気に努力と経験の貯金箱を満ち溢れんばかりにいっぱいにしていくことができる年なのです。

先が見えなくても、今は何をしているかわからなくても、とりあえず目の前のことに一生懸命に取り組んでいきましょう。

あなたが全力で取り組めば取り組んだ分、その努力は2020年末にとてつもない変革を巻き起こすチカラとなるのですから。

冥王星の洗礼を受けるタイミングとは?

実際に木星と土星がピタリ重なるのは2020年の12月22日ですが。

そこに至るまでのあいだに、木星と土星は劇的な変容の星、冥王星の洗礼を受けながら歩みを進めます。

冥王星は破壊と再生をつかさどる星。不要になったシステムを根こそぎ破壊し、新たな世界を構築する徹底した構造改革を推し進めます。

土星と冥王星がピタリ重なるのは2020年1月11日。およそ37年に1度のサイクルで起きる星のイベントです。

ここで一度、痛みをともなう劇的構造改革が行われることが予想されます。なにやら昔の小泉内閣みたいなこと言っちゃいましたが。

けっこうキッツい打撃が個人的にも社会的にもガツンときそうです。

土星は私たちが成長を遂げるための課題を与える星、そして冥王星は有無を言わさずその成長を推し進めるために、あらゆる価値観や常識、システムをぶち壊しにかかるのです。

2020年1月は覚悟を決めて迎えた方がいいかもしれませんね。

そのおよそ半年後、2020年7月6日頃に木星が冥王星にピタリ。

木星と冥王星は山羊座23度、そして土星は山羊座のほぼ終わり29度の位置で3つの星がほぼ同じ角度に近接する瞬間。

木星、土星、冥王星が近づいてくるこの時期を、トリプル・グレートコンジャンクションとか、トリプルコンジャンクションと呼んだりもします。

これは、およそ2年半続いた山羊座土星期の最後の花火がドカンと打ち上がる時と言えそう。

山羊座は社会的な集団をつかさどる星座です。そして土星はそんな山羊座の支配星。

王が自分の国のシステムを徹底的に創り変えるかのごとく、社会的にはとんでもない変化が巻き起こるかも。

個人レベルでも、自身の社会的な肩書や地位、仕事面でダイナミックな変化を迎えるかもしれませんね。

まとめ

20年に1度の節目のタイミング、グレートコンジャンクション。

20年というのは割と長い時間です。いやいや、結構長い時間です。20年前に生まれた子はもう成人するわけですから。

あなたがこの20年間にしてきたことの結果が良くも悪くも現れてくる瞬間が訪れます。

それって、人の一生の中でもなかなか大きな出来事だと思うんですよね。

2020年末、バサッと最高に望ましい姿に生まれ変わるために、今この一瞬一瞬を大切にしていきましょう。

ちなみに。

12星座別のグレート・コンジャンクションに迎える運命については、フィガロジャポン HOROSCOPE 石井ゆかりの星占い 2 で特集されていました。


ご興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね☆

sponsored links