占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年5月の牡牛座新月。愛と豊かさを受けいれるためのヒント。

WRITER
 
牡牛座新月
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年5月5日は牡牛座の位置で新月!およそ午前7時45分ころに迎えますね。

毎月繰り返される新月の中でも、確実に気分がアガり、ほとんどの人の願いにジャストフィットしているのがこの牡牛座新月ではないでしょうか。

なんたって牡牛座は現実的な実りや収入アップが期待できる豊穣の星座。

さらに支配星が美の女神ヴィーナス(金星)ということもあり、肉体的な美しさもつかさどっちゃってるわけで。

美しさとお金&富という、人間の承認欲求を満たす最強のツールを支配しているのですから。

また、日本では新時代「令和」に起きる最初の新月ですね。

新しく迎えた時代に何を自分が獲得し、どうなっていきたいのかを考える良いタイミングにもなるでしょう。新年の抱負ならぬ、新時代の抱負を宣言しちゃいましょう!

それでは。

今回はそんな牡牛座新月のもたらす豊かなエネルギーを余すことなく受け取っていくための具体的なアクションや効果的な過ごし方についてお伝えしていきますね☆

——

五感の新月に気分がアガるものを取り入れる

今回新月を迎える牡牛座は五感の星座です。目で見て、耳で聞いて、匂いをかいで、味わって。

身体感覚のすべてをつかさどる星座なんですね。

私たちが感じるあらゆる幸せは、カラダをつかって何かを感じるから起きるものです。

合格の報せを目でみたとき。

おいしいものを舌で味わったとき。

大切な人から告げられた愛のことばを耳で聞いたとき。

幸せは精神的な目に見えないものととらえがちですが、私たちのカラダ感覚と密接にリンクしているのです。

そしてありとあらゆる幸運は、幸せを感じようと能動的なアクションを起こす人にやってきます。

ただただボーッと寝転びながら、「なんかいいことないかなー」なんて思ってるだけでは、なかなか望ましい出来事は訪れてくれません。

自分が何かを感じようとするから、相応のものがやってきます。

先日、テレビで「お茶碗を変えるとご飯の味が変わった様に感じる!!」なんて特集を観たのですが。

人間の意識はそんなものなのです。カラダ感覚ひとつで感じ方も変わる。一瞬で幸せにもなれるのです。

五感の星座、牡牛座で起きる新月には、私達のカラダ感覚センサーもより研ぎ澄まされてきます。

自分から幸せを感じにいくなら今。

気分がめっっちゃくちゃアガるモノを手にとって、体感しにいきましょう。

新月の願いごとは紙とペンをもって書き出して、声に出して読んでみよう!

先ほどのカラダ感覚を通して幸せを感じる話につながるのですが。

人は頭のなかでアレコレ考えているだけよりも、実際にカラダを動かして体感していくことで自身の願いや目標を意識に刷り込んでいくことができます。

「竹野内豊似のスーツとワインが似合う男性と出会いたい!」

という願いを抱いたとしましょう。

そうやって心のなかで思っているよりも、実際に竹野内豊氏の切り抜きと、彼に似合いそうなスーツの写真やら飲んで欲しいワインの写真やらを自分で切って貼ってコラージュして、常に目につく場所に掲げておくほうが、実際に竹野内豊似の男性と出会える確率は高まります。(実際に付き合えるかどうかはまたその先の問題ですが...)

これは魔法でもなんでもなく、常に自分が欲しいものが自分のなかに刻まれているかどうかの違いなんです。

赤い車がほしい、と思って様々な赤い色の車を検索したり眺めたりしている時期は、やたらと街なかで赤い車が目につくのと同じこと。

特に今回の新月は夢と現実の境をあいまいにするような星、魚座の海王星により60度セクスタイルの角度から後押しを受けてますし。

自由に思い描いたキラキラした夢のようなイメージを、ぐぐっと現実にしていくならこの新月。

この牡牛座新月の願いごとは、ぜひ自分の五感を活かしながら、紙やペンや写真をつかって自分の欲しいもの出会いたい人自分がなりたいイメージを表現してみてください。

牡羊座の金星シーズン。幸せの先取り。ただ動くこと。そして感じること。

よくスピリチュアルや引き寄せの法則を紹介する記事で、「すでに願いが叶ったつもりで行動しましょう」なんてメソッドが紹介されてますよね。

思考や意識が現実的な行動に結びつくのでなく、まず行動することで意識や思考を変え、そして願いが叶いやすい精神状態に整えられます。

これは実際に脳科学でも実証されています。

脳研究者の池谷裕二さんによると、カラダは脳の支配下にあると思われがちですが、実は逆。カラダの方が主導権を握っているのだそう。

「楽しいから笑う」のではなく「笑うから楽しい」、「やる気が出たからやる」のではなく「やるからやる気が出る」のです。ーPRESIDENT Online「池谷裕二が指南!やる気が出る「脳」のだまし方」よりー

何かをしたから幸せになれるというよりは、あらかじめ幸せになろうと何かをするから幸せを感じるのです。

そもそも人が願いを叶えたいと思う理由は、すべて行き着くところは「今より満たされて幸せになりたいから」ですよね。

特に今回の新月が起きる瞬間、牡牛座の支配星である金星は衝動の星座、牡羊座の位置にいます。

深く考えたり悩んだりする必要は無いのです。

あなたが徹底的に楽しさと幸せを求めて次々とアクションを起こしていくことで、欲しいものは後からやってきます。

五感の星座、牡牛座で起きる新月の時期は、ガシガシ自分のカラダをフルにつかって、幸せを体感していきましょう。

まとめ

欲しいものをその手に。

五感で豊かさを受け入れて。

欲しいものを手に入れてなりたい自分になるために。素敵な新月の日をお過ごしください。

この記事を書いている人 - WRITER -



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.