占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年5月蠍座満月、宇宙からのメッセージ。過去の忘れ物を取り戻しに行くような日に

WRITER
 
蠍座満月
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年5月19日の満月はディープなエネルギーを内に秘めた星座、蠍座の位置で。朝6時11分頃に迎えますね。

日々なーんかどでかい変革起きて欲しいなー。なんて考えている方々にとっては待望の革命満月です!

私のような運命の流れとご縁に100%従いながら生きている人間は、もうこの春の満月は待ち遠しくて仕方ない。

蠍座は破壊と再生をつかさどる闇の帝王、冥王星を支配星にもつ星座ですからね。

古くなった価値観をきれいさっぱり破壊し尽くし、そこに新しい何かを生みだすチカラをもたらしてくれます。

そして満月は物事が満ちて一定のピークを迎える日。

熟しきった実がボトリと地に落ちるように、これまでの行動に対する何らかの成果をその手に受け取るような日なのです。

同時に、成熟しすぎて自分には不要になったもの、人間関係、感情などのアレコレを手放すきっかけのときでもありますね。

現状に何らかの不満を抱えている方、自分が取り組んでいる活動や人間関係においてマンネリを感じ始めているかた、停滞した状況にモヤモヤしたキモチを抱えている方には朗報。

今回の満月は、何らかの大きな変化をもたらすようなインパクトのあるできごとが、私たちそれぞれの周りに巻き起こるようなタイミングですからね!

それでは。この2019年5月の蠍座満月にいったいどのようなことが私たちの身の回りに起きてくるのか!?といったところを、星読みを交えつつお伝えしていきたいと思います!

——

蠍座の満月に変化が起こりやすい理由

満月の星読みの前に、ひとつ「なぜ蠍座満月に変化が起こりやすいのか!?」といった点について詳しく説明しておこうかなと思います。

今回の満月が起きる蠍座は、12星座の中で唯一自己の姿を変えていく変容の星座でもあります。

最初は地を這いながら毒針で獲物を突き刺すサソリ。

そして空高く上昇し崇高な一点を目指していくイーグル。

冥王星が発見される以前、蠍座の支配星は火星でした。イーグルはそんな蠍座に宿る情熱や突き進んでいく能力=火星っぽさを示しています。

そして極限まで情熱の炎が燃え上がり、身を焦がし、焼き尽くされた後。

灰のなかから復活するフェニックス(不死鳥)

それが蠍座の最終形態。

全力で一つの物事に食らいつき、打たれても打たれても這い上がり、その情熱を原動力に空高く上昇し、極限まで達したら燃え上がって、また復活する。

そんな再生エネルギーに満ちている満月ですからね。

もうおっそろしいほどの熱く激しい破壊と変革の気配が地球全体に漂ってきますよ。

ちなみに、いつまでも古い価値観に縛られていると、この満月の時期に一瞬で立場がなくなるような大きな破壊作用に見舞われることもあるので要注意です。

2019年5月蠍座満月に私たちが経験することとは?

この5月の満月に私たちの目の前に起きてきそうなことについては、以下の満月が起きるチャートも参考にしながらご紹介していきますね☆

蠍座満月

1.過去に失ったものを新たな形で取り戻す機会。

前項でもお伝えした通り、蠍座は再生をつかさどる星座です。

あなたが過去に失ったものが、もう一度新たな価値を宿し目の前に現れてくることも考えられます。

また、過去に自分がやり残したことをもう一度やり直すような機会も経験しそうです。

例えば、ベタな話を想像するならば。

過去に別れた恋人との復縁や、また別の形で縁がつながるということもあり得るかもしれません。

倫理を飛び越えて真の欲望に従い突き進むようなエネルギーも湧いてきますから、不倫の恋も起きやすい。(不倫がいいか悪いかという議論は置いておいて)

そんなドロドロの話ではなくとも、一度壊れた友人や身内との関係の修復とか、そんなこともあるかもしれませんね。

また、あなたが昔取り組んでいた活動や、あきらめてしまった何かにもう一度携わるようなことも起こりえます。

今回の満月の真向かいには知恵と学びをつかさどる水星。太陽と3度差でよりそってますね。3日坊主で終わってしまった勉強のテキスト、もう一度引っ張り出してみるのもいいかも?

どうしても諦めきれないことがあれば、もう一度やり直してみて。この満月がいい機会です。

2.地中に眠っていたギフトを受け取るとき

蠍座は「受け継がれる価値あるもの」をつかさどる星座でもあります。

その辺で声かけてきたセールスマンから「あなただけにとっておきのいいもの紹介しちゃうわ。」って紹介されるような薄っぺらいものじゃなくて、

共に暮らした祖父から「じ...実はお前に渡したいものがあるのじゃ」って、受け継ぐようなとっておきの唯一無二の宝。

家族、友人、パートナー、同僚、恩師。あなたが深い信頼関係で結ばれる人々のことを、この満月を機に思い返してみましょう。

そして、そういった人々に対して、このあらためて感謝の意を示してみてください。

ギフトを受け取ったからありがとうと感謝するのでなく、感謝するからギフトを受け取ることができる。

それが満月の法則でもありますからね。

3.魂が前世から受け継いだ使命を意識することに

今回の満月が起きる瞬間。

蠍座の支配星である冥王星は、現実社会をつかさどる土星、そして過去から受け継いだ才能を示すドラゴンテイル(サウスノード)と寄り添っています。

特にドラゴンテイルは前世からのご縁と関係のあるポイント。

あなたが前世から受け継いだ何かを、現実にあらためて意識するようなことが起きてきそうです。

さらに、今回の満月はブッダが誕生し、悟りを開き、そして入滅したとされるウエサク満月でもあるんですよね。

スピリチュアル界隈で言われているような天界と地上のゲートが開くかどうかは、もう信じる信じないはアナタ次第的な領域の話になってしまうのですが。

何かありがたい気配に満ちることは間違いないでしょう。

UFOが降りてくるというウワサの鞍馬寺で毎年行われるウエサク祭 も大変な人気がありますよね。

源義経が大好きだった小学生時代に連れて行ってもらったきりですが。また行きたいな。鞍馬寺。

とにもかくにも、目に見えない崇高かつ神聖なパワーに満ちた満月であることは間違いない。そして、常識や科学では説明しきれないようなことも身の回りに起きてくるかもしれません。

特に今回は新時代、令和を迎えて最初の満月ですしね。

切り替わりのエネルギーが半端ないというのも実感できるはず。

この春の神聖な満月で自分の天命を認め、そしてその使命を全力で全うするようにつとめていきましょう。

まとめ

春はあたたかな日差しの下で様々な花が開く季節。

あなたが豊かな実りを手に入れるのにふさわしいタイミングです。ぜひ今回お伝えしたことを日常に活かしながら、願いを叶え望む未来を実現に向かわせていきましょう☆

今回の満月の話を書いていたら、昔話「花咲かじいさん」を思い出しました。

かわいがっていた犬の言うとおりに地面を掘ったら財宝が出てきて、隣のいじわるなジイさんがうらやましがって犬を連れ去り地面を掘ったらガラクタが出てきた。という話。(続きが気になる方はグーグル先生にお尋ねください。)

信頼のおける関係性を通して、隠された価値あるものが目の前に現れます。とびきりのギフトが手渡されるのです。

前世や見えない世界とも密接につながるような春の満月の日。

自分の利益ばかりを追い求め焦る前に、まずはこれまでの自分の活動を支えてくれた人々や場所に感謝をしてみるといいですね!

それではみなさま、すてきな満月の日をお迎えください。

この記事を書いている人 - WRITER -



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.