占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年7月3日蟹座の新月に起きる事。過去の私と向き合い真の希望を見出す日に。

WRITER
 
蟹座新月
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年7月の新月は3日の午前4時16分。蟹座10度の位置で迎えます。

日本ではまだ夜明け前のため観測できないものの、太陽の光が月によってさえぎられる日食をともなう新月になりますね!

私たちの感情や基盤をつかさどるのが蟹座。

蟹座で新月が起きるときは表面的なことでなく、根本的な部分を掘り起こすような活動に取り組むことになります。

...って言われても何がなんだかよくわからないと思うんですけど。

要はじっくり内側に意識を向けて、自分自身と向き合うということです。

現代の人はもう忙しすぎて、外の活動のことで頭がいっぱいで、気がつけば自分自身のことをないがしろにしがち。

今どんなことに興味があるのか?

どんなことに不安を抱えているのか?

何をしている時が楽しい?あるいは苦しい?

徹底的に自分自身に問いかけてみましょう。

「家庭」というのも蟹座のテーマですから、理想的な家族との関係を書き出してみたり、家の中の浄化、整理整頓に取り組んでみるのもいいですね。

さて、それでは日食のもたらす影響も含めて、この新月に私たちが迎える変化や影響を読み解いていきましょう!

蟹座新月のざっくり星読み

まずは蟹座新月のざっくり星読み!

こちらが7月の新月が起きる瞬間のホロスコープチャートです。
蟹座新月

蟹座10度の位置で太陽と月がかさなり、17度の場所には太陽と月の軌道の交わるポイント、ドラゴンヘッド(ノースノード)。

日食や月食が起きるときは、このドラゴンヘッド及びドラゴンテイルの近くで新月や満月が起きるときです。

太陽の軌道が私たちが意識的に創り上げていく未来への道筋だとしたら、月の軌道は私たちの過去世まで遡る無意識の道。

太陽と月の軌道が交わるドラゴンヘッド(及びドラゴンテイル)は、過去世から今までのご縁やカルマ、課題みたいなものがポンっと目の前に表れてくる扉のような場所です。

というわけで、日食や月食が起きるときは、前世や過去から引き継いだものを明確に意識するようなタイミングになります。

また、痛々しいことに私たちのトラウマや痛みを示す小惑星、キロンが90度スクエアの角度から月&太陽にプレッシャーを与えております。

思い出したくもない過去の傷やコンプレックスが湧き上がってくることも。

ちょっと外れてはいるものの、真向かいには山羊座の土星と冥王星。

2020年の土星冥王星の合やグレートコンジャンクションを前にして、この山羊座のダークヒーロー的コンビの存在は無視できない。

ボーッと生きてると、横っ面張り倒されるようなショックが現実面で与えられることも考えられます。

こ...こんなことが起きるなんて!?なーんてことをいともあっさり引き起こすのが、この土星冥王星コンビなのですから。

2019年7月3日の蟹座新月にあなたが迎えること

それでは、星の影響をふまえつつ、この新月に私たちが経験することをお伝えしますね。

1.良くも悪くも真実が掘り起こされるとき

まずは何と言っても日食の影響が気になるところ。

先ほども書いた通り、過去世と現世がリンクするのがドラゴンヘッドであり、過去のご縁やカルマや課題がみえてくるのが、日食をともなう新月の特徴です。

そっと心の奥底に閉じ込めていた経験が、ふとした拍子に暴かれるタイミングです。

それが良い出来事につながる経験なのであれば素晴らしいことです。

昔知り合った人と再会して今新しい道が開かれようとしている!なーんてことも起きがちです。(過去の出会いが結婚につながることも!)

しかし、隠していた悪事がドカンと暴かれるのもまた、この日食が起きる時期の特徴なのです。

最近、芸人さんの闇営業による謹慎騒動がメディアを騒がせておりますが。

まだまだこの7月の新月にかけて出てくるかもしれませんね。

2.過去の痛みを今の原動力に変えて

過去のアレコレがばっさり暴かれるのがこの日食の特徴。

さらに小惑星キロンが90度スクエアの角度からプレッシャーをかけてくることで、

過去に受けた嫌な思いや、それによってできた心の傷を意識するようなことが起きてくるかもしれません。

でも、この時期をネガティブにとらえないで。

痛みを知っているからこそ、今のあなたの凛とした強さがあるのです。

特に山羊座の土星と冥王星が太陽と月を強調しているこの新月の時期。

あなたが現実をしっかり見据える態度を示せば、その姿勢を土星さんがちゃんと認めて後押ししてくれるはず。

過去のネガティブな経験やコンプレックスは素直に受け止め、その痛みを原動力に変えて、理想の未来をたくましく紡いでいきましょう。

3.やめてしまったことにもう一度取り組む

あなたには、過去にやろうとしてやめてしまったことはありませんか?

本当はこうなりたかった。あれをしたかった。あの人に会って、こうしたかった。

そんな過去にやり残したこと、やめてしまったことを、今この新月のタイミングで掘り起こしてみて。

今回の日食を引き起こすドラゴンヘッドは、あなたが過去世から受け継いだ課題を示しています。

何度も何度も達成するまで挑戦しなくてはならない課題です。

自分の前世なんてわからない人がほとんどだと思いますが、

過去にやり残したこと、心のどこかにいまだに引っかかっていることが、あなたの過去世に関係のある課題なのかもしれません。

今ここで、もう一度過去にやり残したことに手をつけてみましょう。

まとめ

自分の内側を根本から浄化し、癒やし、整えていくための日がこの7月に迎える新月。

日食が起きる新月は体にも心にもとてつもないインパクトを与えるものです。

感情をつかさどる蟹座で起きる新月ということもあり、普段以上の心の揺らぎや浮き沈みも予想されます。

疲れたときは、潔く休むこと。

気分の浮き沈みが激しいときは、まず自分とゆっくり向き合い心の声を聴くこと。

私たちは心が身体をコントロールしていると思いがちですが、実は身体が心をコントロールしているという面もあります(病も気からというやつですね)。

良くも悪くもゆらぎがちなこの新月には、自分なりのリラックス法を取り入れて心を整えてあげてください。

新月の願い事は、家族関係のことや、自分自身の感情や心のことをメインに書いてみるのがいいですね。

それではみなさま、良い新月の日をお迎えください。

この記事を書いている人 - WRITER -



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.