占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年8月23日は双子座の下弦の月。積み重ねた学びを現実の行動につなげていくとき。

WRITER
 
双子座下弦の月
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

2019年8月23日は双子座の位置で起きる下弦の月の日。日本ではだいたい23時56分頃に起きます。

次の新月に向けて、これまでの反省や取りこぼしたものを拾い集めて次に活かしていくようなことをするタイミングです。

我ら日本人はほんと反省が大好きなんですけど、この下弦の月の時期には悪かったとこだけじゃなくて、良かったとこも数えましょう。

これはまた次に活かそうとか、あるいは「これはちょっと使えなかったから次はやめておこう」、みたいな調整をする段階。それが下弦の月。

新月、満月ほどに注目されないのがこの半月のタイミングですが、太陽により90度スクエアの角度から月がプレッシャーかけられる時ですからね。

あ、あれしなきゃ。これやらなきゃ。みたいな焦りやストレスを感じやすい時期でもあります。

夢や願いを叶えるため、太陽からのプレッシャーをバネにズバッとアクションを起こす。そんなイメージを持ちましょう。

周りの状況が大きく変わるというよりは、自ら動き出す、みたいな感じ。

まぁ夢や願いを叶えるために動きましょ、と言ったって、なかなか行動にうつせないのが人間ですから。

大きな一歩を無理に踏み出そうとせず、たった1ミリでもいいからちょっと動いてみる。

そして少しだけでも前進できた自分をほめてみよう。

半月の過ごし方はそんな感じ。

さて、それでは今回は双子座の位置で起きる下弦の月ということで。

双子座ムードをまとった半月ではいったいどんなことが起きるか?どんなことに気をつけるべきか?なんてことを星を読みながら解説していきます!

双子座のテーマは?

俊足のメッセンジャー、水星に支配されているのが双子座の世界。

自分がこれまでに得た学びや知恵を、誰かに発信するような星座です。

キーワードは「情報」「コミュニケーション」「学び」「好奇心」「言葉」といったところでしょうか。

自分以外の誰かに何かを伝えるみたいなことが、大きなテーマですね。

あとは、1つのことに集中するというよりは、複数のことを同時にこなしていくようなマルチタスクの星座でもあり。だから出生チャートで双子座濃度が高めの人は飽きっぽいとか言われちゃうんですけど。

というわけで。

この双子座の位置でおきる下弦の月の時期には、「自分が得てきた情報や知識を有用な形に直して他者に発信する」みたいなことを意識してみよう。

あと、1つのことにこだわるような姿勢はNG。

完璧を目指すよりまず終わらせろ。Done is better than perfect.

と、Facebookの創始者マークザッカーバーグ氏も言っとりますが。

「ひとつのことを追求してるが故、他の事に手がまわらなくなる」みたいな状況は、この双子座下弦の月の時期は避けておきましょう。

とりあえず手をつける!とりあえず終わらせる!!!

みたいな軽やかさが大事。この半月に最強のツキをぐぐっと呼び込む姿勢ですよ。

▲目次へ戻る

双子座下弦の月の星読み

こちらが、8月23日に双子座下弦の月が起きる瞬間のホロスコープチャート。
双子座 下弦の月

双子座のちょうどはじまり。0度の位置でおきる下弦の月。なんだかもうめっちゃくちゃフレッシュ!ですね。

乙女座0度の太陽により90度スクエアの角度からプレッシャーかけられてます。

乙女座は観察と分析と調整の星座ですから、双子座の適当さをちょっと牽制しているような感じでしょうか。

フットワークの軽さは大切だけど、作業はあくまできめ細やかに。ここを忘れないようにしておきましょう。

太陽に金星と火星がよりそい、相変わらず楽しそうなムード醸し出してますな。

以前も8月の星もようで書いたんだけど、ベタな読み方をするならば、一夏の恋が燃え上がりそうな展開よ、これ。

乙女座で起きてるから熱は少しだけ鎮静化しているけれども、ちょっと大人の火遊びが始まっちゃうかもしれない。

はい、話が少しズレてきましたが、それではこの下弦の月に行うべきことを書いていきますよー。

1.これまでの学びと気づきを振り返る

有用な学びを得ました。

大切なことに気づかされました。

みたいに、ピュアで素直な人ほど、やたらと「学び」や「気づき」を得やすい傾向にあるのですが。

どんなにひねくれた天邪鬼人間でも、これまでの経験から何らかの学びや気づきを得ているでしょう。

あなたがこの1年ほどの間に一生懸命取り組んだことを振り返ってみて。

そして、その活動を通して何を学んだか?どんなことに気付かされたか?

その辺をじっくり振り返ってみましょう。

その学びと気づきをいかに今後のあなたの行動、活動に活かしていけるのか!?

そこまで考え具体的な行動に落とし込むことができるとベストですね!

2.有効な情報は皆にシェアしてつなぐこと

メッセンジャーの星座、双子座。

あなたがここ最近得た情報は、出し惜しみすることなくブワッと拡散!発信!

大胆にシェアしていきましょう。

私は常々この双子座の月の時期のおすすめアクションとしてご提案しているのですが、

SNSを活用しよう。

ツイッターとかInstagramとか。LINEのタイムラインでもいいかもしれない。

学びと気づきをあなた自身の内側から取り出したステキな言葉で発信してみて。

他人の言葉を借りるのはNGです。

自分の中からひねり出して発信する言葉には、自分の思いが100パーセント乗っかります。だからこそ発信する意味があるのです。

3.やるべきこととやりたいことの区別をつけること

双子座の月の時期は、やるべきこととやりたいことの区別がつけづらくなってきます。

やりたい事が多すぎて、やるべき事を見失いがち、とでもいいましょうか。

しかし!

双子座の下弦の月には、役割と奉仕、そして分析と調整の星座、乙女座の太陽からプレッシャーかけられてますからね。

やるべき事を抽出し、そこから手をつける事。

物事に優先順位をつける事。

それを忘れないようにしましょう!

▲目次へ戻る

まとめ

いつも読んでくれてありがとうございます。

時に子育て中の日々の慌ただしさに負けて投げ出したくなるこのブログなんですけど、読んでくれてる皆様のおかげで続ける事ができています。笑

タイトルにも書きましたが、この双子座の下弦の月の時期、これまでの学び、気づきを現実の行動につなげていくような時期にしましょう。

この前、外出中に突然の雨が降ってきて干してた洗濯物が濡れちゃったから、次はお出かけ前に室内に干すようにしよう。

みたいな感じですかね。学びを現実の行動につなげていくというのは。

良いことも悪いことも振り返り、その反省を今に活かすこと。

あとは自身が得た学びや気づきを出し惜しみせずシェアしていくこと。

そんなことを意識しながらこの下弦の月の時期を過ごしてみてくださいね☆

▲目次へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.