占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年9月22日は双子座下弦の月。過去の学びを束ねて軽やかに未来に向かうための日

WRITER
 
双子座下弦の月
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

2019年9月22日、午前11時41分に双子座の位置で下弦の月を迎えます。

ちなみにその翌日、23日は秋分の日で祝日ですね!

乙女座の太陽が双子座の月に90度スクエアの角度からツッコミを入れるのがこの下弦の月の特徴。

柔軟宮の星座(双子座、乙女座、射手座、魚座)に位置する太陽と月が起こす半月のタイミングは、季節が移り変わる変化のムードに満ちた時期でもあります。

夏の暑さが柔らぎ、徐々に秋の涼しい風を肌で感じるように、あなたの身の回りや内側の感情も、少しずつ変化を見せていきます。

これまでどうしても許せない、受け入れられないと思っていた事を認められるようになったり。

あえて見ないようにしていた事実に光を当ててみたり。

そんなことがこの下弦の月の時期を境にチラホラ起きてくるようになるでしょう。

下弦の月ってどんな日?

当サイト、CHARKHA NOTEでは、毎月起きる新月&満月、そして上弦と下弦の月のタイミングでその時の月と星の影響を記事にしてはいるのですが。

ここでもう一度、あらためて下弦の月に起きる事やすべき事、星の影響についてざっくりご説明しておきます!

新月や満月の日は、みんなちゃんと意識しているかと思います。願い事を書いたりいろんなものを浄化したりお財布振ってみたり。

一方で、上弦の月や下弦の月となると何したらいいのか、どう過ごせばいいのか?わからない!なんて声をよく聞くんですよね。

下弦の月というのは、満月から始まり新月に向かうまでの欠けていく月の時期のちょうど中間地点。

満月であらゆる物事が一定のピークに達し、何かしらの結果が出た後で、

これまで行ってきた事や経験を振り返りつつ、やり残した事をやるとか、空いている穴を埋めるとか、そんな調整や修正を行なっていく段階なんですね。

半月では月に太陽が90度スクエアの角度(ハードアスペクト)で緊張感をもたらします。

月は私たちの無意識や感情。それが太陽によって現実的かつ具体的な行動を起こす事をうながされるタイミング。

というわけで、可能な限り、具体的な行動を起こすというのが、この下弦の月のような半月の過ごし方のポイントです。

新月に願い事を書いてるよ!って人は、改めてパラパラとその願い事を見返してみて。

そして、もしその願い事がまだ叶ってないとしたら、この下弦の月の時期に修正や調整をするようなアクションを起こしてみよう。

集めた情報を整理するとか、あるいはやり残しているタスクを片付けるとか、やろうと思って準備してたけど結局手がつけられていないことに手をつけてみるとか。

そんな事をしながら過ごしてみるといいでしょう。

自分が書いた願い事の落とし前をつける」というのが大切。

書きっぱなし、願いっぱなしじゃなくて、ちゃんと行動できる部分は行動に移す。天に任せる部分はおまかせする。

そして、何としてでもこの願い、叶えてやるぞと改めて決意する。

それが月のサイクルを活かしつつ新月の願い事をきちんと叶えていくために必要なことですよ☆

双子座下弦の月の星読み。あなたに起きてくる影響は?

それでは。ここからさらに詳しく、9月22日に下弦の月が起きる瞬間のホロスコープチャートをみながら星の影響や過ごし方について解説していきましょう!

まぁ何だか秋風のように爽やか!

って印象なのが、この下弦の月の星もよう。

好奇心の赴くまま縦横無尽に駆け巡る双子座の月。そこに乙女座の太陽と火星が現実的な調整と能動のエネルギーをもたらしているような雰囲気。

意識はフワフワとあらゆる場所を飛び回ってるんだけど、足元はちゃんと地についています。突発的で無邪気なアイディアを生産的な活動に結び付けられる時期です。

さらに、華やかな社交性をつかさどる天秤座には、愛と美の星、金星と、星の言葉をつなぐメッセンジャーの水星。

幸運の星である木星により60度スクエアの角度から後押しされてますね。

知性的な対話が期待できる社交の場に行ってみよう。

意識高い系の品のある人々が集まる学術的かつ文化的なイベントなどに参加してみるといいでしょう。

ダラダラ、グダグダな時間と労力の無駄になる飲み会やパーティーはやめておいて。

ここでつながった縁が、あなたのこれからの未来に思いもよらない新たな風を吹き込んでくれる可能性大ですよ。

日本限定のお話になってしまいますが、幸運の星である木星が東の地平線ASC(アセンダント)に近接してます。

ベタな幸せを感じられるようなイベントがやってくるかもしれませんね☆

太陽と月をはじめ、全体的に柔軟宮の星座に星が集まっている時期。

ゆるやか、そして軽やかな変化のムード。木々の色が紅や黄色に染まっていくように、あらゆる物事が変化を迎え始めるでしょう。

2019年9月の下弦の月の時期にすべきこと

それではここから、この9月の双子座下弦の時期にすべき事、そして効果的な過ごし方をお伝えしていきますよー。

1.効果的な情報収集と発信を

双子座 下弦の月

今回の下弦の月が起きる双子座は、「言葉」「学び」「情報」「コミュニケーション」をつかさどる星座。

月が位置する星座のテーマに自分から寄り添っていくことで、自然と星や月がもたらす良い流れに乗っていくことができますよ。

というわけで、この双子座の下弦の月の日には、巡ってくる情報や、自分が発信する情報に大きな未来のヒントが宿ってくる可能性が極めて高くなります。

googleの小窓に知りたいキーワードを入れれば、ズラズラズラっとあらゆる情報が並ぶ現代。

しかし、情報が簡単に手に入る時代だからこそ、逆に混乱に陥りやすいという面もあります。

大型スーパーよりも小さい商店の方が逆に迷いなくスムーズに買い物できることってありませんか?

得られる情報が多ければ多いほどいいってわけじゃありません。

何か情報を調べる際には、常に「自分が何のためにどんな情報を欲しているのか?」をあらかじめ決めておきましょう。

お買い物に行く前に買い物リスト作成しておくようなもんです。

カオス星の海王星が太陽と火星の真向かいにいるこの時期、特に混乱の渦に巻き込まれやすいですからね。

あと自分がSNSなんかで情報発信をする際は、「どんな相手に」「どのような理由で」伝えたいのか?を考えてからアクションを起こしましょう。

むやみやたらと気になった情報をシェアしまくるような行為は、これまた自分自身が深い森のなかに迷い込んでいくだけになりますから。

2.これまでの学びを未来に結びつけていく

生きるということは、日々勉強の連続です。

何気ない行動や経験ひとつひとつが自分自身の糧となっていきます。

ここ1年ほどの自分自身の生活や経験したことを振り返ってみましょう。

そして、その中からどのような学びや気づきを得て、自分の成長の糧となったか?振り返ってみるといいでしょう。

あなたがここ1年ほどの間に得た学びや成長を、どのようにこれからの未来に役立てていけるか?じんわり考えてみてください。

双子座の月はまるで小学生のような存在。

スポンジのようにあらゆるものを吸い込み、そしてぎゅーっと絞ればジャーっと勢いよく反応できる軽やかさを秘めています。

子どものように学び、そして大人の知性と品格を持って未来に結びつけていきましょう。
双子座 下弦の月

3.とりあえず「イイね」する。楽天的に、軽やかに。

木星がキラリと東の地平線ASCで光り輝くこの日。

とりあえず何でもかんでもポジティブに肯定する明るさが鍵。

否定から入るのでなく、肯定から入ること。

どんなことが起きても、どんな話を持ちかけられても、「それイイネ!」って受け入れること。

柔軟宮に星が集まるこの時期、変化を拒むのでなく自らがその変化になっていくくらいの軽やかさが重要ですよ。

否定する、壁をつくる、引きこもる、動かない。そういった態度はNG。

肯定し、開放し、外に飛び出て、受け入れていく。そんなオープンかつポジティブな態度を可能な限り心がけましょう!(根っからの人見知りさんは無理のない程度に・・・)

双子座下弦の月のタロットカードのお告げ

ソードのキング タロット

自信と威厳に満ちたイケメン。ソードのキングが出ました。

何があっても揺るがない心と態度を持ちましょう。

そして、どんな困難や問題が起きたとしても、ズバッと自分自身の力で運命を切り開く決意を固めましょう。

双子座の下弦の月の影響にシンクロする部分、それは「言葉や論理的な思考が鍵を握っている」ということ。

情や感情に流される事なく、情報と知識を駆使して冷静な視点と態度であらゆる問題に向き合うようにしてみて下さい。

あなたの知性がより望ましい未来を切り開くタイミングです。

まとめ

論理的な思考と知性、そしていかに情報と付き合っていくか。そんなことが鍵を握るこの半月の日。

願い事の成就や目標の達成に向けて、足りない部分を埋めたりまとめたり整えたり片付けたりしていくような行動を起こしていきましょう。

また、単純に今のあなたの仕事をよりしやすくするためにタスクやワークフローをまとめたり手帳を整理したりといったアクションも効果的ですよ☆

あと双子座の月の時期は、「言葉の扱い方」も重要なポイント!

誰かの言葉を真似したり、自分らしくない言葉を使うのはやめましょう。シェアはいいけどコピペはだめですよー。

素直でストレートな自分の言葉で、考えた事、思った事、経験した事を他者に伝えていくようにしましょう。

さてさて。9月も後半に差し掛かってまいりました。

気温が下がってくると、一気に「あぁ、今年も終わりに近づいているな・・・」なんて、おしまい気分が高まってきますよね。
双子座 下弦の月

残りあと約3ヶ月。まだまだ気を抜いてはいけません。

20年に1度のグレートコンジャンクションが起きる2020年、ここで最強の自己改革を果たすためにはこの2019年後半をいかに過ごすか?が重要になってきますよ。

そのためには、毎月の新月と満月、そして上弦の月や下弦の月といった月のサイクルを意識しつつ、星を活かす、有効に活用していくことが大切。

別に今の生活や状況で満足してるから、どでかい革命なんて起こさなくていいんですけどおおお

って人もいるかもしれません。

でもね、木星と土星に冥王星が重なるトリプル・グレートコンジャンクションの2020年は、否が応でも変革が巻き起こる年なんですよ。

その変化の波を良い方向に向かわせられるかどうかは、あなた自身の日々の習慣や行動、思考にかかってます。

誠実かつ前向きに日々月と星によりそいながら過ごしていきましょう☆

それでは、ステキな双子座半月の日をお迎えください。

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.