占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年12月19日、乙女座 下弦の月。私を取り巻く全てを徹底的に整える日に。

 
乙女座下弦の月
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

2019年12月19日、乙女座の位置で下弦の月をお迎えします。

日本では午後1時57分にちょうど半月になりますね。

乙女座の月の時期の最大のテーマ、それは【整える】こと。

え?何を整えるんですかい?

いやそれはもう全てですよ。心!カラダ!お部屋!人間関係!環境!自分の内側から外側に至るまでのすべてを徹底的にケアしてあげる時期になります。

さらに下弦の月は欠けていく月の時期のちょうど中間地点という事で。

こちらもまた新たなサイクルを迎えるために過去のあれこれを振り返りつつ未来に向けての調整を行うタイミングにあたるんですね。

下弦の月が乙女座で起きる日!これはもう徹底お片付けDAYにしていきたい勢いの日になるでしょう。

なんか最近「忘年会スルー」なんて言葉が流行ってますけど、そうは言っても日本各地で夜な夜な宴は繰り広げられているはず。

ウコンの力とかヘパリーゼ飲んだら飲みすぎたアルコールもチャラにできるぞ、なんて思っちゃだめ。

あと食べすぎた後に青汁飲んだらリセットできる的なごまかしもいかん(うちの母がよくやってる)。

乙女座は分析と調整とケアの星座です。

きちんと自分自身の今現在の心とカラダと状況を見つめて、じっくり整えてあげるような日にしてくださいね。

それでは、今回の乙女座で起きる下弦の月の星読みをしていきます。星の影響を知り、効果的な過ごし方を取り入れてみてくださいね。

2019年乙女座の下弦の月の星読み

こちらが2019年12月19日、下弦の月が日本で起きる瞬間のホロスコープチャートです。
2019年 乙女座下弦の月

まずは今回の半月の星もよう、ポイントをチェック!↓

乙女座下弦の月のポイント一覧
  1. 射手座の太陽の90°スクエアからのツッコミ、この時期の課題は?
  2. 山羊座の木星との90°スクエアによる緊張関係。エゴの肥大化に要注意!
  3. 山羊座金星と120°トラインで調和。人間関係への影響は?
  4. 星の西半球の偏りが示す心の方向性は?
  5. 風のエレメントがゼロ。閉塞感が増すかも?

射手座太陽との緊張関係。手の届く範囲をもう少し広げて

乙女座約27°の月は射手座の太陽と90°スクエアのアスペクトで緊張関係に。

月がつかさどる私たちの「無意識」や「感情」が、太陽からのツッコミにより意識化されて行動をうながされるような状態なんですね。

というわけで、半月は「何かしら具体的なアクションを起こす日」とも言えます。

今回の下弦の月が起きる乙女座は、分析と調整、そして奉仕と役割の星座です。

自分の身の回りをじっくり観察しつつ、自身の役割をまっとうしながら自分にとっても周りの人々にとっても必要なケアを施していきたくなるような時なのです。

そこに射手座太陽からのツッコミが入るわけですから。

乙女座特有のきめ細やかさやナイーヴさが邪魔してなっかなか活動範囲を広げられないところを、「はいはい、もっと周りよく見渡してー!もっともっと遠い場所もみていこー」みたいなことを促されるのです。

ついつい細かいところが気になって、前に進めなくなってませんか?

部屋の隅のホコリを気にするのも大事だけど、ぐわーっと一気に手をつけて片っ端から片付けていくような豪快さも必要ですよ!

木星との緊張関係によりエゴは拡大しがちに

12月3日に山羊座に入ったばかりの木星と、月が90°スクエアのアスペクトで緊張関係に。

拡大と成長の星とされる木星。いいねいいね!素晴らしいね!なんて声が聞こえてきそうな肯定感を与えてくれる星です。

90°で月に関わってくると、ちょっとその木星の影響が、望ましくない方向に行きがち。

過剰な自信や甘えを引き起こしてくるんですねー。

無意識のうちに、自分の力を過信するような場面もあるかも。

あるいは、「みてみて。俺ってすごいでしょ?」的なマウンティングをついつい他人に対して取りがちに。

地球全体に「ゆとり」ムードが蔓延してくるので注意が必要です。気を引き締めて、自制心を忘れずに。

金星との調和、誠実さが縁を呼び込む鍵となる

愛と美の星、金星。私たちの人間関係に影響を与えてくれる星です。

乙女座の下弦の月が起きる時期は、山羊座の位置に金星がいますね。月に120°トラインのアスペクトで温かな調和のエネルギーを注いでくれます。

地の星座同士の安定感のある人付き合いが活発になりそうです。

嘘をつかないこと。そして現実的な思考で誠実に人と向き合うことを意識しましょう。

また、山羊座は「伝統」や「古いもの」「時間」をつかさどる星座でもありますので、歴史を感じるような物たちにキュンとくる時期になりますよー。(おーおーきなのっぽの古時計ーーーーって歌いたくなるムード)

西半球の星の偏り。自分をすり減らしすぎないよう注意が必要。

日本限定のお話になりますが。

今回の乙女座の下弦の月が起きるチャートは、南西半球に星の偏りがみられますね。

社会や他者に対してのアプローチが活発になる一方で、プライベートや自分自身の感情をないがしろにしがちな時期になります。

ボランティアや慈善事業、あるいは他人のお世話をするとか、仕事に打ち込む、みたいな事に集中したくなるタイミング。

でもプライベートや自身の感情を満たすような事ができなくなってバランスを崩しがちな時でもあり。

自分をすり減らしてまで他人や周囲を気遣ったりサポートしたりする必要はありません。

オンとオフの切り替えを意識して、必要なときはしっかり休むことを心がけましょう。(乙女座の月の時期は体調管理がマストです)

風の星座に星がなくなる時。理論よりも感覚と感情優先のムードに

今回のチャート、風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)に星が1個もないんですよねぇ・・・

山羊座に木星土星冥王星が連なるトリプル・コンジャンクション期なので、どうしても地の星座のムードに支配されがちな年ではあるのですが。

風の星座は言葉や理論をつかさどり、適切な変化とちょうどいいバランス感覚をテーマに持つ星座たち。

そんな風星座のエネルギーが不足することで、いやぁどうにも暑苦しいというかしつこいというか。

ねぇ?いつまでその話題引きずってんの?

みたいなツッコミを入れたくて仕方なくなるようなガチガチのムードに支配されていきます。

理論よりも感覚優先になりがち。世の中全体がちょっとだけ頑固になってくるでしょう。

まとめ

2019年最後の下弦の月が乙女座。これはいいタイミングですね。

今年のモヤモヤを来年に持ち越したらいかんです。

心、カラダ、部屋、人間関係、持ち物。すべてを年末までに徹底お片付けできるよう準備を整えるような日にしていきましょう!

また、日々の疲れやストレスが、カラダの不調となってはっきりと現れやすい時期でもあります。

暴飲暴食はひかえて心身のケアを心がけてくださいね!

それでは皆さま。素敵な半月の日をお迎えくださいっ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.