占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2019年12月の星もよう。【最高の縁をつなぐ双子座満月・怒濤の革命イヤーの幕開け山羊座新月】

WRITER
 
12月 星もよう
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

皆さまこんにちは☆運転免許証更新を前に5ヶ月ぶりに美容院に行き少しでも写真写り良くするための悪あがきをしてきたAYAKOです!!

つ・・・・・ついに来てしまいましたね。この時が。

2019年12月。3日に木星が山羊座に移動する月。

木星!土星!冥王星!!!の3者が山羊座に揃うトリプルコンジャンクション期の始まりです!!!!!

あーどうしよう。何かしなきゃ。何が起きるんだ!?!?

なんて慌てないで落ち着いて。

ほら、避難訓練の時に言われましたよね。「おかしも」を守ろうって。

お、押さない。か、かけない。さ、騒がない。し、しゃべらない。

ん?書いてみて思ったけどあまり関係なかったかな。

まぁとにかく、ちょっとこんなテンパリ気味の文章書いちゃうくらいに興奮ムードに満ち満ちているのが2019年12月なわけです。

こーんなワクワクとドキドキに満ちた月は一生の内に一度あるかないかですよー。

どんな星の影響が私たちにもたらされるの?どんな過ごし方をしたらいいの??なんて事を今回もお伝えしていきます☆

それではさっそく参りましょうっ。

双子座で起きる満月。ため込んできた思いを吐き出すならこの時。

2019年12月星もよう

まずは12月12日の双子座満月。14時12分に起こります。

前月の11月は1日から21日まで双子座の支配星である水星が【秘めた感情】をつかさどる蠍座で逆行していましたね。

この時期に多かれ少なかれ、何かしらの思いや感情を蓄積させた方も多いかとおもいます。

はい、そしてこの双子座満月。

11月にため込んだ思いや感情をドカンと発散することになるでしょう。

フラストレーションをバネに最高の飛躍の瞬間を迎える人もいれば、あるいは負の感情をため込みすぎて満月の日に爆発させブチ切れてしまう人もいるかも。

特にこの日の満月は魚座海王星が太陽&月に90度スクエアで関わり【Tスクエア】と呼ばれる超葛藤のアスペクト形成しちゃいますからね。

海王星のスクエアによるプレッシャー、これはもう大変だ。現実と妄想の区別つかなくなりますよ。

良い方向に星のエネルギーが活かされれば、予想もしていなかったような夢の世界にご招待されることも期待できます!

双子座満月に向けて意識すべきことリスト
  • 自分の中に溜め込んでいる感情や思いを文章にして書き出してみる
  • (モヤモヤしたままだと、満月になってとんでもない爆発引き起こしかねないので注意!)

  • 自分を勇気づけてくれる言葉を見つけてみる
  • 最近よく会う友人知人を思い返してみて
  • 自分の発信チャンネル(SNSやLINE、動画、もしくはお手紙?など)がいくつあるか数えてみる
  • 自分自身が言葉の扱い方で失敗した経験を振り返ってみて

これらの項目をもとに、双子座満月では人々とのコミュニケーションの取り方や発信の仕方をブラッシュアップしてみる事。

そうすることで満月をきっかけに【最高の縁】をつなげていく事ができるはずですよー!

そうそう、2019年最後の満月でもありますから、星座のテーマにこだわらず1年の振り返りをするのもいいですね!

山羊座で起きる日食新月。木星期の本格的な開始の合図!

2019年12月星もよう
お正月はまだだけど、一足お先に「明けましておめでとう!」と祝いたい。

それがこの12月26日14時13分に起きる【2019年山羊座新月】!!!

12月3日にトリプル・コンジャンクションをともなう山羊座木星期が開始されましたが、そんな革命イヤーの号砲が上がるのがこの山羊座で起きる新月と言えるでしょう。

なんたって太陽&月は山羊座約4度、木星は山羊座約5度でさっそく重なっちゃう新月なんですよ。

木星は古くから占星術で【拡大と発展の吉星】とみなされている惑星。およそ1年をかけて1つの星座を通過するため、木星が滞在している星座がその年の運勢や幸運を呼び込むポイントを象徴している

と、山羊座木星期の記事ではご説明しましたが。

【山羊座的なこと】を願ったり計画立てたり始めたりするにはもってこいすぎる新月!なわけです。

山羊座のテーマはずばり!私たちが生きるこの世の中そのものです。【社会】です。
そのために、「肩書き」「お仕事」「キャリア」「責任」そして「時間」「伝統」「制限」なんてキーワードも山羊座的なことですね。

人々が新月で願うことトップ3は「恋愛」「お金」「お仕事」ですが、そのなかのひとつ「お仕事」を担っているのが山羊座であり、また自身の仕事で所得アップなどを狙うなら広くとらえれば「お金」も山羊座的な要素に入れてもいい。

という事はですよ。

私たちの欲望を満たすための大部分の要素をつかさどっているのが山羊座さんなんですよ。

さらに、【前世から引き継ぎ今につながるもの】をテーマにもつサウスノード(ドラゴンテイル)の近くで起きる日食をともなう新月でもあり。

信じる信じないはあなた次第的な話ですが、前世から背負い続けてきた今世で果たすべき使命的なものを改めて知るような出来事、起きてくるかも。

「新月の願い事」はもちろんの事、2020年の抱負もこの日に書いた方がいい!いやもう一生をかけて達成したいことをこの2019年山羊座新月に思い描くのだ!!

この山羊座新月がどれほどに逃せない新月なのかご理解頂けたところで、こちらをどうぞ↓

山羊座新月に向けて意識すべきことリスト
  • 自分自身の肩書きを数えてみる(社会におけるあなたの顔はいくつある?)
  • お仕事や活動における現状や課題を振り返る(目標を立てる前にまずは振り返りから)
  • 自分がこれから習慣化したいことは?その準備を始めてみて。(習慣化の開始は新月当日。)
  • 2020年の手帳を用意する。(時間をつかさどるのが山羊座。手帳はマストアイテム!)
  • スケジュールページに、期限付で達成したい事を書きこむ準備(実際に書くのは新月当日!)

新月当日に願い事を書き出したり、あるいは習慣化したい事や成長させていきたいことを始めたりするための準備を抜かりなくしておきましょう。

12月3日、山羊座木星期の始まり。現実に意識を引き戻される時

12月3日、いよいよ【山羊座木星期】の始まりです。

すでに山羊座新月の項目や山羊座木星期の記事で散々語ってしまったので、ここでお伝えすべきことはあまりないかもしれませんが・・・

空想や妄想の付け入る隙を1ミリも与えない超現実主義の山羊座的世界観に満ちた木星期ですから、良いことも悪いこともすべて私たちの目の前の現実に起きてきます。

そして、私たちもまた「現実における行動」というのを意識していくべきです。

思いを思いのままで終わらせずに、きちんと目に見える形で行動し何らかの結果を残していくということ。

12星座別の山羊座木星期の影響や過ごし方について、Life with the moonのnoteで公開しましたのでぜひチェックしてみてくださいね!

金星は水瓶座へ。とがったものに惹かれる時期突入。

2019年12月星もよう

12月20日、金星は水瓶座に入ります。

金星は「ときめきポイント」をつかさどる愛と美の星。

私たちが「わー素敵!ワクワク!」ってときめいちゃう気持ちのエネルギーをつかさどる星なわけですな。

11月26日から山羊座にいた金星。この時期は古いものとか年月を重ねたもの、アンティークやヴィンテージに妙に心惹かれるシーズンでした。

ところが水瓶座に入った途端にときめきポイントがガラッと変わります。

最先端のテクノロジーとかトレンドとかなんか近未来を感じさせるものにドキドキさせられるようになってくるのです。

最近は脱・消費社会、二酸化炭素削減!みたいな運動がブームなので、プラスチックやめるとかストローやめるとかさ、そういう環境活動に急に目覚める人もいるかも?

2019年12月の星もよう・まとめ

12月。とんでもないスタートダッシュの1ヶ月がやってきますよー。

年末でバタバタする方も多いかもしれませんが、仕事でもプライベートでもいろいろなバタバタ要素舞い込んでくる予感も。まぁ思う存分バッタバタしちゃいましょう!もはや祭です!!

2010年代の最後の1ヶ月、とも言えるんですよね・・・。しみじみ。

個人的にはこの10年間はもんんんんのすっっごい濃厚すぎて、博多の豚骨ラーメンの汁一気飲みした後くらいの気分です。占星術に出会ったのもこの10年間の内の出来事でしたし。

この1ヶ月間に、最強の革命イヤー2020年を万全の態勢で迎える心と頭と体の準備しておきましょうね!

それでは、悔いの残らないように2019年最後の1ヶ月を過ごしていきましょうー!!!

この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2019 All Rights Reserved.