占星術でもっと自分らしい自分になる。チャルカ・ノート

2020年7月の星もよう。【土星が山羊座、火星が牡羊座へ。闘いの幕が開ける時】

 
2020年 7月 星もよう
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら

いつもブログを読んで下さりありがとうございます!水星 亜弥子です。

激動の革命イヤー、2020年もいよいよ後半に突入しようという所。

いやー、前半だけでも色々ありすぎたのに、後半は果たしてどうなっちゃうの!?なんて気になる所ですよね。

最初にお伝えしておきますと、2020年は前半よりも後半がさらに何かと激しくなります。

火星が牡羊座に半年間滞在したり、年末には20年ぶりの土星と木星の会合グレートコンジャンクションが起きますからね!

何が起きても、その変化を前向きに受け止めて乗り越えていく柔軟性と強さを身につけましょう。あと、これからは人との繋がりが非常に重要になってきます。

困難や苦難も他者と手を取り合う事でスムーズに乗り越えていける様になりますから。

家族や親類、友人知人や同僚、ご近所の人々とも可能な範囲で友好な関係性を結んでおきましょう!

さて、それでは激動の2020年後半の幕開けは一体どんな事になってるのかな!?7月の星もよう、さっそく観ていきましょう!!

2020年7月の新月・満月・半月

新月と満月の日程

まずは【2020年7月の新月・満月・半月の日程】を確認しておきましょう。

  • 7月5日13:44 山羊座の満月(半影月食)
  • 7月13日8:29 牡羊座の下弦の月
  • 7月21日2:33 蟹座の新月
  • 7月27日21:32 蠍座の上弦の月

月食が起きる山羊座の満月

山羊座満月 2020
7月5日の13時44分に山羊座で満月が起きます。今年3度目の半影月食を伴う満月です。

昨年末に起きた超濃厚山羊座祭りな山羊座の新月からおよそ半年。

さらに、春先から水瓶座に顔を出していた土星さんは、満月の3日前に再び山羊座に舞い戻ってくるという事で。

またまた山羊座ムード濃いめの時期がこの満月を皮切りに戻ってくるみたいですよ。

山羊座という星座がつかさどる「社会」「仕事」「習慣」「現実的な成功」といったテーマに改めて本腰入れて取り組み始める事になりそうです!!

【この現実で自分なりの目標を達成して成果を残す!!】という野心に火が付き、望ましいポジションを得るとか社会的な成功とか、そういった事に意欲的になってくるんですね。

あとは今年3度目となる半影月食をともなう満月になりますから、それはもう「過去世からの影響」が何かしらの形で現れてくる日になるでしょう。

ちょうど東京都知事選が行われるのも、この7月5日の山羊座満月の日になりますね!

政治は山羊座にとって関連が強いテーマ。何ともベストなタイミングでの投開票日。

東京都民の方は満月ワークの一環として、投票に赴かれるといいですね!(いや、満月じゃなくても基本的に投票はすべきではありますが・・・)

闘いの準備に勤しむ牡羊座の下弦の月

牡羊座 下弦の月 2020
7月13日は牡羊座で起きる下弦の月。朝8時29分に起こります。

下弦の月は、欠けていく月のフェーズのちょうど中間地点。

これから迎える新たなステージの事を考えつつ、準備を整えるタイミングです。

ちょうど先月末に火星が牡羊座に入り、私たち1人1人の“攻める”エネルギーが過剰になっています。

そこにバシャっと蟹座の太陽が水をかけて、冷静さを与えてくれる様なムードですね。

さらに今回の下弦の月は、木星も月に90度で絡み、太陽・月・木星の間で超葛藤の三角形Tスクエアが形成されてます。

あれもしなきゃ!これやりたい!と前のめりになっていた方は、気持ちと行動がうまくリンクしていかない息苦しさを覚えるかも?

この下弦の月の時期にゆっくりじっくりリラックスして、身の回りと体調と気持ちのケアに努めてみましょう!

今年2度目の蟹座の新月

蟹座新月 2020 7月

7月21日午前2時33分には、今年2度目の蟹座新月を迎えます。

前回は蟹座の始まりかけの位置で起きた日食を伴う新月でしたが、今回は蟹座の終わりかけ28°の位置で起きるという違いがあり。

個人的な集団生活の蟹座から、独立独歩の獅子座へ移行するムードが漂います。

【自分の巣から1人で勢いよく飛び出していく】タイミングになるのです!!

太陽と月にほぼピタリ180°で向かい合うのが、山羊座に舞い戻ってきた土星さん。

ふわふわと揺らいでいた感情にビシッと土星さんからの喝が入り、無理にでも方向性を定める様な日になりそう。

同時に、太陽と月は「抗えない運命」をつかさどる冥王星とも向かい合ってますから、「ハイハイ!あなたはこっちよ!こっち!」と、グイグイ荒波の中に引きずり込まれる様な感覚も覚えるでしょう。

変化を求めていなくても強制的に変革の渦に巻き込まれる様な新月になりそうですね!

絆を深める蠍座の上弦の月

蠍座 上弦の月
7月27日には、21:32に蠍座で上弦の月を迎えます。

一点集中型のこだわり星座、蠍座のエネルギーを活かしながら、グイグイ目の前の物事を掘り下げていく様な日になるでしょう。

「良くも悪くも境界線のその先に一歩踏み込む」様なことが起きてきます。

また、蠍座は「信頼関係」「絆」をテーマに持つ星座でもあり。

「出会い(恋愛)と契約(婚姻届)の先にある関係性は蠍座の領域ですね。

配偶者やパートナーなど、深い部分で結びついた人との絆を確かめ合うムードが高まるかも。

最近、どうもパートナーとの関係がギクシャクしておりまして・・・という方は、この蠍座の下弦の月の日を活かしましょう。

昔の思い出を振り返りながら、相手への愛情や思いやり(あとはトキメキ)の気持ちを取り戻す作業をしてみて!

土星が山羊座に再びIN!

7月2日、土星が山羊座に戻ってきます。

土星は3月22日からのおよそ3ヶ月間、水瓶座に顔を出して見聞を広めてたんですね。

3月末からこれまでの間を振り返ってみて下さい。いったい私たちの身の回りに、何が起きてましたか?

・・・そう、何も言わなくても分かりますよね。新型コロナウィルス騒動による緊急事態宣言発令です。

土星が滞在していた水瓶座は、既存の価値観をひっくり返す自由と革命の星、天王星に支配された星座。(土星も水瓶座の支配星ではありますが)

革新的な技術やテクノロジーをつかさどる星座でもあります。

前代未聞の非常事態が巻き起こる中で、誰もが「これからの未来」について考えさせられたと思います。

また、テクノロジーを活用したテレワークやオンライン飲み会など、あらゆる面でのオンライン化が半ば強制的に進行しましたよね。

「新しい時代」には、2020年末のグレートコンジャンクションをきっかけに完全に移行します。

このおよそ3ヶ月間は、新時代に完全移行する前の下準備の段階だったと言えるでしょう。

さて、これからまた土星は山羊座内でグイグイ「義務と制限」のエネルギーを社会の中で発動しますからね。

これまで集中して取り組んできた事にまた改めて本腰入れて取り組み出す期間になるでしょう。

自粛要請の影響で思う様に自分の仕事に取り組むことができなかった方々も、ここからまた本格的に再開することができそうですね!

水星逆行が終了!これからやるべきことは?

6月21日に始まった蟹座の水星逆行期間は、7月12日に終了し順行に切り替わります。

プライベートや感情をつかさどる蟹座で起きていた水星逆行でしたから、何だかいろんな面で感情的になってすれ違ったりモヤモヤしたりする場面も多かったのではないでしょうか?

そんなモヤモヤシーズンもここで一段落。

逆行が終了した直後の水星は、能動的なエネルギーを司る火星により90°の角度から圧をかけられますからね!

今までやりたいのにできなかった事、溜め込んでいた思いや感情、それらを全て良い方向に吐き出してグイグイ前に進んでいくことができそうですよ。

まとめ

7月は、以下の4つの星たちがそれぞれの持ち場に滞在し影響力を強める1ヶ月間になります。

  • 火星:牡羊座
  • 太陽:獅子座
  • 土星:山羊座
  • 海王星:魚座

星たちがそれぞれ混ざりっ気なしの純粋な性質を強調し始めるんですね。

火星は前に突き進む情熱と積極性を、そして太陽は目的意識を、土星は責任感と堅実さをもたらし、海王星が夢も現実もごた混ぜにして広げてくれる感じでしょうか。

やるべき事、やりたい事を見つけたら、今月は脇目も振らずにガシガシ突き進みましょう!

まだ自分の方向性が定まらない・・・という方は焦りがちになるかもしれませんが落ち着いて。

じっくりあなたが居るその場所で、「真の自分らしさと欲求」を掘り下げてみましょう。

もうすぐ夏本番!!星的にも熱いシーズンが始まるよー!!!

大いなる存在

お知らせ
あなたの出生ホロスコープチャートを、私、水星亜弥子が読み解くメール鑑定をご提供中です↓☆

【CHARKHA NOTEの占星術ホロスコープ鑑定】

占星術鑑定 ホロスコープ 

可能な限り、鑑定内容の根拠となる星の解説をわかりやすく盛り込みながら書いております!

「自分のこういう所が知りたい!」「将来こんな事したいんだけど、私に向いてますか?」「これから自分が進むべき道のヒントが知りたいです!」なんて質問大歓迎です。

お申し込みの際は以下の必要項目を備考欄にご記入お願いします。

  • 出生年月日
  • 出生時間(ご不明な場合は書かなくても大丈夫です)
  • 出生地
  • 特に知りたい事
この記事を書いている人 - WRITER -
埼玉生まれインド育ち辛めのカレー好きそうなやつは大体ともだち。 月星座:双子座。太陽星座:蠍座。 息子溺愛。夫はチベット人。 星を読んだりカレー食ったり絵を描いたり宇宙に意識飛ばしながら頑張って生きてるライター。
詳しいプロフィールはこちら



Copyright© CHARKHA NOTE-自分をみつける占星術- , 2020 All Rights Reserved.