2021年2月の星もよう。【新時代の到来を肌で感じる超水瓶座フェスティバル!!】

2021年10月11日

2021年2月 星読み 

いつもありがとうございます。水星亜弥子(すいせい あやこ)です。

新年の幕明けを迎えてから、早くも1ヶ月が経とうとしています。

世界各国で新型コロナウィルスが猛威を振るい、日本では緊急事態宣言が首都圏を中心に発令されて。
何とも落ち着かない日々が続いていますね・・・。

2020年12月22日、グレートコンジャンクションをきっかけに、世界は新たな「風の時代」への決定的なシフトを遂げました。

https://charkhanote.com/2020/12/what-is-the-great-mutation/"]

新時代に突入したぞー!!と言われても、突然異次元にワープしたわけではありませんから。

まだまだ何となくピンと来てない部分もあるでしょう。

・・・しかし。

この2021年2月、あなたは身をもって【新時代の到来】を実感することになります。

何たって 太陽・水星・金星・木星・土星と計5つの星が水瓶座に集う超水瓶座フェスの開催なのですから!!
水瓶座フェス
ポンポンポーーーン!!

この2月の星もようをざっくり表現するなら、

過激(KAGEKI)・強烈(KYORETSU)・奇想天外(KISOTENGAI)の3K。

いや、そこに空前絶後(KUZENZETSUGO)も入れて4Kとしておきましょう。

と・に・か・く!

 もう何が起きるかわからないし天地がひっくり返るほどの衝撃がガツンとやってきそうな気配濃厚

何たって水瓶座は自由と革命を支配するサインなわけですから。

変化と刺激に富んだこの1ヶ月、不安を抱えるよりもまず楽しんでしまいましょう。一筋縄では行かない事ばかりかもしれませんが、こういう時は楽しんだもん勝ちです。

早速訪れた2021年の山場、2月の星もようを詳しくお伝えしていきますね!

2021年2月の新月・満月・半月は?

まずは2021年2月に起きる新月・満月・半月の日程や月星座を確認しておきましょう!

 2021年2月の新月・満月・半月

  • 蠍座の下弦の月:2021年2月5日午前2時37分
  • 水瓶座の新月:2021年2月12日午前4時6分
  • 双子座の上弦の月:2021年2月20日午前3時47分
  • 乙女座の満月:2021年2月27日午後5時17分

2021年2月5日、蠍座の下弦の月。

蠍座下弦の月 チャート
 2月5日、午前2時37分に蠍座で下弦の月をお迎えします 。

蠍座は絆や継承、こだわりや生命サイクルを支配しています。人間の根源的な欲求や性質にフォーカスする星座ですね。

そして下弦の月は、これから迎える新しいサイクルに向けて、具体的な準備や調整を行うタイミング

蠍座で起きる下弦の月には、「新しく生まれ変わるための準備」を始めることになるでしょう。

2月には「決定的な転機」を迎える方が続々と現れることが予想されます。

何かを失ったり、関係が終わったり、長いこと居た場所から離れたり。

もしあなたがここ数ヶ月間にその様な「決別」を経験していたら、この2月に「まったく新しい流れ」が始まることになると覚悟しておいてください。

新たな物語を自分の手で最高のものに仕立てていくために。

まずはこの下弦の月にきっちり準備を整えることを意識していきましょう!

さらに、「情熱と闘争心」を示す火星が太陽、月と絡み、「凄まじい葛藤」を引き起こす三角形Tスクエアが出現しています。

「強制的な幕引きや清算」を促されることもあるかもしれません。

ちょっと苦しいこともありそうですが、前向きな思考を心がけることが鍵ですよ。

2021年2月12日、水瓶座の新月。

水瓶座新月 ホロスコープチャート
 2月12日は水瓶座の新月。午前4時6分に迎えます

合計6つの星が一気に水瓶座に集っているこの新月。

超水瓶座フェスの最大のピークとなりますからね!覚悟して迎えていきましょう。

あらゆるものから“吹っ切れる”ような日になるでしょう。

特に顕著になりそうなのが、「集団や組織からの決別」です!

2020年までは「どこに所属しているか」が心の拠り所やアイデンティティになっていた部分があるのですが。

それがバサッと剥ぎ取られ「個人」に立ち返ることになるんですね。

たった1人でこの世界と向き合った時に、自分は何ができるのか。どう生きていくのか。

強い意志と未来のヴィジョンをガシッと固める日になるでしょう。

2021年2月20日、双子座の上弦の月!

双子座上弦の月 チャート
 2月20日、午前3時47分には双子座で上弦の月をお迎えします 。

双子座は言葉・伝達・知性・コミュニケーションを支配する星座。

そして上弦の月はグッと勢いをつけるために具体的なアクションを起こすタイミングです。

これからの自分が何をしたいのか。どうなっていきたいのか。

新時代の流れに自ら乗っていくためには、「確固たる理想の未来のヴィジョン」を抱いていなくてはなりません。

より理想的な未来を自らの手で実現するために・・・

何か「新しい学び」をここから始めてみるといいでしょう。

これからの時代を生き抜くための糧となる知識や技術の習得に挑戦してみましょう!!

双子座の上弦の月は、水瓶座の土星とゆるーく結びつき良いムード。

風の星座同士が織りなす爽やかでフレッシュな空気に満たされるでしょう。

キリッと思考が冴え渡る日です。余計な私情やしがらみを離れて、冷静に「今の自分がやるべき事」を理解できる様になるはずですよ。

2021年2月27日、乙女座の満月。

乙女座満月 ホロスコープチャート

 2月27日は乙女座の満月。午後5時17分にお迎えします

分析や調整といったテーマを支配するのが乙女座。

満月は「あらゆる物事がピークに達する」象徴的なタイミングですね。

乙女座の満月にすべきこと。それはまさに徹底的なケアとメンテナンスでございます。

昨年末からバッタバタで、2月も引き続き慌ただしい状況で。

今は休む暇もなく荒野を全力で走り続けている耐久レース状態なわけですよ。

そこにやってくる乙女座の満月。これまで溜まった疲れを癒やし、ボロボロになっている部分をケアしてあげる重要なリフレッシュDAYとなります。

無理が生じている部分は調整をすること。あらゆるサイクルやリズムを整えること。

まだまだ耐久レースは続きますから、ここできっちり心と体のメンテナンスに励んでおきましょう!!

2月8日、太陽と逆行中の水星が重なる日。

 2月8日、逆行中の水星が太陽と重なります

1月31日から2月21日まで続く水星逆行シーズン。

交通の遅延や予定のキャンセル、延期、コミュニケーション上のすれ違いが発生しやすい時期です。

何かと厄介なことが起きやすい期間ではあるのですが、「普段見過ごしがちなことに気がつくことができる」というメリットもあるのです。

その「気づき」がハッキリと現れるのが、この太陽と水星の重なる日となるでしょう。

「もっと自分はこうした方がいいな」「ここは見直すべきだったな」なんて前向きな反省が出来る様になるのです。

勉強や仕事においても、何か新しいことに手をつけ始めるよりも、「復習」や「振り返り」を重点的に行ってみるといいでしょう。

2月25日、金星は魚座へ。

2月25日、「愛や楽しみ」をつかさどる金星が魚座に入っていきます。

魚座は「夢・ヒーリング・精神性・ファンタジー」などのテーマをつかさどるサイン。

現実から離れれば離れるほどに、心が踊るような出来事が待っている時期になります。

一方で「うっかり騙されやすくなる」時でもあるので注意して。

「あなたは100万円がもらえます!詳細はいますぐココをクリック!」

「俺・・・某アイドルグループに所属しているんだけど・・」

みたいな迷惑メールが届き、

普段だったら「いやいや、そんな事はあり得ないでしょー」って冷静に判断できるのに、

この時期には「じ・・・自分に最高の幸運がやってきた!!」と、素直に信じ込んでしまいがちになるのですね。

巧妙な嘘には引っかからないように注意しましょーう。

終わりに

極めて極端なムードに満ちた2021年2月。

この1年の、いや、 これから10年くらいの流れがこの1ヶ月間に決定づけられる と言っても過言ではないほどの超重要月になるでしょう。

バタバタと自分が置かれている環境に変化がありつつも、水星逆行中の影響で自分が思うようには物事が進んでいかない可能性もあります。

あらゆる事態に対する備えを、そして柔軟に対応できる態勢を整えておきましょう。

占星術ホロスコープ鑑定のお知らせ

水星 亜弥子があなたの生まれた時の星の地図、出生ホロスコープチャートを元に、基本的な性質や充実感、幸福感を得るためのヒント、悩みの解決方法などをアドバイスするメール鑑定をご提供しております!
占星術ホロスコープチャート鑑定

鑑定のお申し込みや詳細はコチラ

可能な限り鑑定結果の根拠となる星の解説も交えて書いています。誰にでもわかるように解説してますので、占星術の知識がない方でもご安心を。

先行き不透明な時代。あなたが前に進むための、道の先を照らす灯りの様な鑑定を心がけています。

大切な人の誕生日に、ホロスコープ鑑定を送りたいというご依頼も増えております!(ギフト用の場合はその旨をお伝え頂ければ、印刷用のPDFファイルもご用意します。)

鑑定依頼の際は、以下の項目を備考欄に記載してくださいね。

  • 出生年月日
  • 出生時間(わからない場合は不要)
  • 出生地
  • 特に気になること