ABOUT

2021年11月20日

このサイトを運営している人の紹介。

水星亜弥子 占星術活動家
水星亜弥子

水星 亜弥子 (SUISEI AYAKO)

こんにちは。水星亜弥子と申します。

占星術のコラムを書いたり占星術鑑定をしたり占星術をテーマにしたアートやコンテンツを作りたい。

とにかく占星術に関わるいろんなことをする人間なので、

星よみ活動家 の肩書きを名乗っています。

天から与えられた生命と運命の縮図、「ホロスコープチャート」を読み解き、

あなたの日々の過ごし方や道に迷った時のヒントになればいいな、

と思いながら、星よみコラムの執筆占星術鑑定を行なっています。

チベット人の夫と、2018年生まれの男の子の3人家族でほのぼの?いや、ドタドタバタバタと暮らしてます・・・!

月によりそい自然と調和する暮らしを応援するユニット「月と暮らす」のメンバーでもあり。
月がテーマのWEBマガジン「Life with the moon」を相棒と共同運営しています。

経歴

  • 2010年よりインドのニューデリーで不動産や日本語フリーペーパー編集などの職に勤しみながらサバイバル生活。約5年の人生の修行をつむ。
  • 2015年にインドで出会ったチベット人の旦那(千鳥の大吾風味の見た目)と結婚し帰国。
  • 2018年9月8日、自分の出生時の太陽に木星が重なった日に第一子出産!ジュピターの恩恵半端ないって!
  • 2020年6月から息子保育園入園。やや本格的な仕事復帰。現在に至る。

Twitterで毎日の星もようやブログの更新情報、星にまつわるつぶやきなどを発信してます。↓@ayo1110 フォローしてね♡

星よみ活動家になったきっかけ

私は、月星座は「おしゃべり星座♡」なんて呼ばれてる双子座なのですが、太陽星座は「本心を隠しがち♡」な蠍座なもので、基本的には隙あらば黙るタイプ

その反動からか脳内の言葉を文字に置き換えて発信する作業はもはや中毒状態。

ガネーシャ

何でもいいから書いて書いて発信しないと気が済まないーーー!!!

というタイプの人間です。情報発信中毒というのでしょうか・・・?

このブログも、当初はその様な自分の「言葉を紡いで発信したい!!」という欲望を満たすために始めました。

テーマは占星術でなくとも何でもよかったのです。

しかし、続ければ続けるほどに占星術の奥深さにハマり、気づけば星よみ活動家を名乗るようになっていました。

私の使命と役割

ジブリ映画「魔女の宅急便」で、こんな台詞が出てきます。

魔女の宅急便 キキとウルスラ
ジブリ映画「魔女の宅急便」

ウルスラ:魔法ってさ、呪文を唱えるんじゃないんだね

キキ:うん。血で飛ぶんだって

ウルスラ:魔女の血か・・・。いいね。私そういうの好きよ。魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ!」

観たことのない方のためにちょっと説明しておきますと、キキは主人公の魔女の女の子で、ウルスラは森で出会った年上の絵描きの女の子です。

魔女の宅急便 キキとウルスラ

人間は、1人1人にそれぞれ「神様か誰か」から与えられた才能や素質があります。それがここで語られている「血」。

ちなみに私自身の血は、「言葉を紡いで発信する事」と「伝える事」です。幼少期から文字の読み書きが人一倍得意でした。

その天から与えられた自分自身の血を活かすために、星の言葉(=アストロロジー)を自分なりに翻訳して発信し続けています。

人生は選択と決断の連続。手探りで「自分にとっての正解」を探し求めなければならない日々。

そんな霧の中にいるような人々にとっての、道の先を照らし出す灯火のような言葉をお届けできれば、と思っています・・・!!

迷ったり悩んだりモヤモヤを抱えている人の背中を押してあげられる記事と鑑定が信条です。

また、占いはエンターテイメント(娯楽)の側面もありますから、

ガネーシャ

読んでて楽しい!ドキドキワクワクする!


なんてシンプルな喜びと楽しさも提供できたらいいな!なんて事も意識してます!占い、楽しいですよね!

簡単な自己紹介

  • 好きなこと:宇宙について考えること。文章書いて発信すること。子育て。放浪。占い。精神世界。読書。絵を描く。スパイス料理。おやつ制作。
  • 初恋の人:大槻ケンヂ
  • 好きな映画:マイブルーベリーナイツ(My Blueberry Nights)/昔のジブリ
  • 最近感動した映画:しあわせの絵の具  愛を描く人 モード・ルイス 

カナダの港町に住む女性画家の実話を元にした作品です。サリー・ホーキンスさん演じる主人公モード、生まれつきの障害やリウマチを患っており、両親を亡くし報われない出産も経験し、ドン底のボロボロ状態。
自立するため、後に夫となる魚売りのエヴェレットの家の住み込み家政婦になります。
絵が売れ始めてからもずっと死ぬまで、わずか4メートル四方の家に夫婦で暮らし静かに絵を描き続けたモードの姿にジンワリ涙しました。

  • 好きな本:最近まともな本を読む時間と気力がありません。入江貴和さんの漫画だけはハマって読んでます・・・!
  • 座右の銘:やらずにする後悔よりやってする後悔のほうが100倍マシ

ホロスコープチャートで自己紹介

当サイトを訪問して下さるのは占星術の知識がある方も多いかと思いますので。

自分自身の生まれた時の星の配置を元に「占星術的自己紹介」も書いちゃいます!

水星亜弥子のホロスコープチャート、その最大の特徴は双子座にある月

ふたご座 占星術

そんな月は「個人の姿」を示す東の地平線、アセンダントのすぐそばに。いわゆる「上昇星」でもあります。

好奇心が旺盛で興味の幅が広すぎて一か所に落ち着いていられない人間です。

さらに、そんな月と180度で向かい合うのが、射手座の水星。

占星術家の松村潔さんの著書によれば、これは「思考ダダ漏れ」な配置のようです。

確かに、私の脳内はあらゆる思考と想像が渦巻いており、24時間バタバタと忙しない状態です!!あれもしたい、これもしたい、もっとしたいもっともっとしたい!!!(BY:ブルーハーツ)

そんな月は、「傷ついたヒーラー」の異名を持つ小惑星、キロン(カイロン)の角度とピタリ合。

生まれてから大人になってまでも、コンプレックスという名の鎖で縛られ痛めつけられてるかわいそうなやつです。20歳くらいまでは暗闇のなかで過ごしてました。ニルヴァーナ聴きながら世界を呪ってました。

太陽は蠍座です。一度狙った獲物は逃しません。

さそり座の女 美川憲一 イラスト

太陽と土星の角度がピタリ同じ度数。(小数点以下はズレてますが)

星飛雄馬の大リーグボール養成ギブス(ピンとこない方はすみません)を常に装着しながらひたすらウサギ跳びし続けてるくらいの葛藤と苦しさとプレッシャーを抱えながら生きてきました。

何をしても満足いかない自分、苦しかったです!!

でも、占星術を学び、そんな自分の生まれた時の星の影響が理解できてから、めっちゃくちゃ気分が楽になりました!!

もう苦しさと葛藤はデフォルトなので、このプレッシャーと上手に折り合いつけながら生きていきたいと思います!!

そんな太陽と土星と冥王星が、労働や奉仕の部屋、第6ハウスにあり。

超仕事人間です。でも、MCは水瓶座なので、自分の自由が制限される仕事は無理でした。

ここまで来ると、なーんか暗い人間なんじゃないか!?って思っちゃうんですけど。

金星と海王星の角度が射手座、「対人関係」の部屋である第7ハウスで重なってますので、基本的に楽しいことは好きです!!むしろ「何事も楽しくなきゃ意味ない」が信条です。

火星木星は山羊座です。大人になればなるほどに、責任感が過剰になってきて、何事もきっちり務めあげなければ気が済まないクソ真面目人間になってきてます。(若い頃は、射手座金星と海王星の影響でどうしようもないくらいダラシない人間だったんですけど)

ちなみに、自分のホロスコープチャートは、アスペクトが0度コンジャンクションと180度オポジションしかありません。何これ?って真顔になるレベルにシンプルなチャートです。

そんな何かと極端で鎖に縛られ重荷背負い続けている自分ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。